憩の広場

ホーム 3D音場 システム構成 リスニングルーム セッティング PCオーディオ 立体音像 憩の広場
   

 

    

 

       

 

       

 

                       

                      

 

 


Q&A

Q1.

フロントのサブスピーカーを、メーカー指導の壁面反射型にしないのは何故ですか?

Q2.

特殊なアッテネーターを使わないで、システムを構築するにはどうすればいいですか?

Q3.

サブスピーカーは天井近くに取り付けないとダメでしょうか?

Q4.

リアスピーカーにはできるだけ性能の良い、メインスピーカー並みのスピーカーを用意した方が低音が出やすいのではないですか?

Q5.

「低音が出る」とは、トーンコントロールのローをブーストしたようなもので、却って不自然な音量バランスで聴いているのではないですか?

Q6.

「マルチチャンネル再生は、音像がボケる」とか「音の抜けが悪くなる」と言った印象が強いのですが、そのようなことはないのでしょうか?

Q7.

立体音像と言いますが、前後や高さの感じもわかるのでしょうか?

Q8.

1曲ごとに、細かくバランス調整しなくてはならないのではないでしょうか?

Q9.

音場成分が殆ど含まれていない録音の場合、どのように聴こえるのでしょうか?

 

 


雑誌投稿履歴

掲載号

掲載欄

タイトル

ラジオ技術
2017.10
クロストーク欄
転載記事(1641KB)
「前方空間重視のFSサラウンドの提案」
 
BM-1音場プロセッサを生かす
ラジオ技術
2017.06
クロストーク欄
転載記事(447KB)
「2チャンネル音源は本来のバランスを失っていないか」
 
マイク位置の問題について
ラジオ技術
2017.01
本文記事
転載記事(488KB)
「 演奏会場のVR化をようやく実現」
 
残響分離制御ユニットBM-1を試聴して
ラジオ技術
2016.12
本文記事
転載記事(952KB)
「 演奏会場のVR化をようやく実現」
 
仮想現実ホールの実現を目指して25年
ラジオ技術
2016.
6
穴澤健明氏の記事の付帯記事として 「 新方式音場再生技術に期待する」
 
HSS方式への強力な助っ人
穴澤氏の記事「50年間の見直しが必要なオーディオ界」
 残響分離制御ユニットが開く新しい世界
ラジオ技術
2016.2
クロストーク欄
 
「 ピュア・オーディオはどこへ?」
 
音展2015と立体音響を体験して
ラジオ技術
2015.
9
本文記事
転載記事(766KB)
「CDのほんとうの音を知ろう」
 
ハイレゾに惑わされるな!
ラジオ技術
2015.5
本文記事
転載記事(2662KB)
ジッタとノイズの軽減が決め手
「NASを使った音質改善の試み」 CDの音もハイレゾ同等に
ラジオ技術
2014.3
クロストーク欄
転載記事(430KB)
「ネットワーク・オーディオへの希望」
 クラシック・ファンへの対応に不満
ラジオ技術
2013.3
クロストーク欄
転載記事(497KB)
「さらに向上したHSSシステム」
ラジオ技術
2012.
7
連載記事
転載記事(1078KB)
PCオーディオをじょうずに聴くには」(
  PCオーディオ・システムの構成の実際
ラジオ技術
2012.
6
連載記事
転載記事(993KB)
PCオーディオをじょうずに聴くには」(
  NASの準備とその使い方
ラジオ技術
2012.5
連載記事
転載記事(821KB)
PCオーディオをじょうずに聴くには」(
  リッピングとタグ情報の入手の実際
ラジオ技術
2012.4
連載記事
転載記事(821KB)
PCオーディオをじょうずに聴くには」(
  ジッタはデジタル音楽の生命線
ラジオ技術
2012..3
連載記事
転載記事(655KB)
PCオーディオをじょうずに聴くには」(
  USB DAC方式とネットワーク方式
ラジオ技術
2012..2
クロストーク欄
転載記事(373KB)
「HSS超臨場感の世界を聴く」佐藤勝氏著
平本氏の努力に敬意
ラジオ技術
2011..3
クロストーク欄
転載記事(285KB)
「ついに発見した“超臨場感”の世界」
HSS方式をさらに追求
ラジオ技術
2010..8
クロストーク欄
転載記事(393KB)
「現地で見たチェコ・フィルの暴挙」
マーラーゆかりの地をめぐる旅で
ラジオ技術
2009.9
クロストーク欄
転載記事(592KB)
「HSS音場の再現性に自信」
BPOとVPOを本拠地で聴いて
ラジオ技 術
2009. 2
クロストーク欄
転載記事(832KB)
「大きいサブ・スピーカの役割」
ハーモニーも空間合成される
ラジオ技術
2008. 1
本文記事
転載記事(605KB)
「オーケストラの適正再生音量は何dB/SPLか」
デジタルの最小レベルでは波形再現はムリ
ラジオ技術
2007. 5
クロストーク欄
転載記事(487KB)
「家にコンサート・ホールがやって来た」
HSSシステム、その後の変化
ラジオ技術
2006. 9
クロストーク欄
転載記事(368KB)
「視覚と聴覚の間の違和感をどうするか」
HSS方式の功と罪(?)

ラジオ技術
2006. 7

本文記事
転載記事(811KB)

「音楽の実像再生をめざす平本式スーパーステレオとは」

ラジオ技術
2006.5

クロストーク欄

「"宇宙の音"はコーラスでの倍音?」
兼坂氏の投稿について

ラジオ技術
2005.10

クロストーク欄

「オーディオは何を目指すのか?」
NHK技研の"立体音響"への疑問

AVヴィレッジ
2004.11

本文記事

「ナマ演奏の感触が得られる新再生方式(第5回)」
  クラシック音楽ファンに朗報!
「良質な音」=「ホールの音」という幻想を払拭しょう

AVヴィレッジ
2004.9

本文記事

「ナマ演奏の感触が得られる新再生方式(第4回)」
  クラシック音楽ファンに朗報!
HSSの音質はメインチャンネルの音質でほぼ決まる!

AVヴィレッジ
2004.7

本文記事

「ナマ演奏の感触が得られる新再生方式(第3回)」
  クラシック音楽ファンに朗報!
HSSはハイリアリティ指向で深い感動を味わうのが目的

AVヴィレッジ
2004.5

本文記事
 
 
 
探訪記事
転載記事(1063KB)

「ナマ演奏の感触が得られる新再生方式(第2回)」
  クラシック音楽ファンに朗報!
ソースに収録された残響を利用し部屋の残響を必要としない
 
「高橋和正の音の歴訪」ページにて平本修の紹介あり

AVヴィレッジ
2004.3

本文記事

「ナマ演奏の感触が得られる新再生方式(第1回)」
  クラシック音楽ファンに朗報!
これが2チャンネル音源から得られる臨場感か!

ラジオ技術
2003.10

クロストーク欄

「ナマの臨場感を再現する3次元音場再生」
  標準CDで十分楽しめる

ラジオ技術
2003.3
 

クロストーク欄
転載記事(887KB)

「PCソフトを活用したホーンの位相合わせ」
  豊かな音場情報の出現に大感激

ラジオ技術
2002. 7

クロストーク欄

究極の方式「立体音響再生」
  “スーパーステレオ”で音場情報を抽出

ラジオ技術
2002. 3

クロストーク欄

「BS放送と違いすぎるCDの音」
  fs 48kHz, 16ビットで何の不満もない

ラジオ技術
1998. 1

クロストーク欄

「空間オーディオの夜明け」
  現行ステレオの限界は明瞭」

ラジオ技術
1995. 3

クロストーク欄

「標準ステレオは音場破壊器 (?!) 」
  あなたは”病気の音楽”を聴いていませんか

ラジオ技術
1994. 2

クロストーク欄

「Hi-Fiの原点は何か」
  ”平本式バイノーラル”のすすめ

ラジオ技術
1993. 7

本文記事

実験報告
〜ダイナベクター・スーパーステレオSSA/504を応用した〜
「超Hi-Fi再生」の提案

ラジオ技術
1992. 11

クロストーク欄

「スーパーステレオによる音楽の実像再生」
  ”バイノーラル崩れ”をどう考えるか

   


リンク

レスポンスチェッカー RC−1 (→RC−2にモデルチェンジ)

日本オーディオ株式会社

デジタル騒音計 SD−2200(扶桑理科製品株式会社製)

騒音計としては超低価格です。FLAT特性がないのが残念ですがA特性とC特性を備えております。メーカーのホームページもありますが、下記取扱店のホームページの方が内容も詳しく、購入手続きも簡単です。

株式会社 テックジャム

波形編修ソフト SoundForge

(株)フックアップ製の音声編集用のソフトです。'03年1月現在の版数はSoundForge Studio 6.0となっています(定価19,800円)。下記のサイトから13,350円で購入できます(送料、消費税別)。サイトが開いたら「商品検索」欄にて「soundforge]と打ち込んで下さい。詳細情報が見られます。

ゲットプラス オンラインショッピング

波形編修ソフト SoundEngine

フリーソフトで、下記サイトからダウンロードできます。

SoundEngineホームページ

 

スーパーステレオとは?
スーパーステレオプロセッサー SSP−5

ダイナベクター株式会社

 

 

 

更新履歴

2017.08.13 FSサラウンド提案につきトップ頁を改訂
「3D音場」”FSサラウンドの提案”を追記  「システム構成」図面2点改訂、フロント/サイド用の自作アンプをSMSL製アンプに入れ替える。(音量表示可能とするため)
2016.12.15 残響分離制御ユニットBM-1の導入に伴い、トップ頁を含む大幅な改訂
2016.12.13 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2017年1月号 投稿記事掲載追記
2016.11.10 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2016年12月号 投稿記事掲載追記
2016.10.03 DirectStream DAC導入に伴い、「トップページ 」、「システム構成」 、「リスニングルーム」、「PCオーディオ」、「セッティング」の各頁を改訂
2016.05.18 「セッティング」「3.サブチャンネルの音量設定」を改訂
2016.05.18 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2016年6月号 投稿記事掲載追記
2016.05.18 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2016年2月号 投稿記事掲載追記
2015.08.10 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2015年9月号 投稿記事掲載追記
2015.06.14 「3D音場」記事の一部を最新の状況に改訂
2015.06.09 トップページのレイアウト変更
2015.04.16 「 ホーム」「システム構成」「リスニングルーム」「PCオーディオ」の各頁改訂
2015.04.16 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2015年5月号 投稿記事掲載追記
2014.03.04 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2008年1月号 投稿記事掲載追記
2014.03.04 「セッティング」にて2014.3現在のレベル設定を追記
2014.02.10 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2014年3月号 投稿記事掲載追記
2013.12.20 「PCオーディオ」 iPad用コントローラの発表を追記
2013.08.20 「PCオーディオ」のページを新設
2013.08.20 「リスニングルーム」にて機器レイアウト解説図を更新
2013.08.20 トップページに写真更新、システム構成にてシステム構成図、機器仕様更新
2013.02.12 「システム構成図」にて、レイアウト図および機器写真追加更新
2013.02.11 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2013年3月号 投稿記事掲載追記
2012.06.14 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2012年7月号 連載(5)記事掲載追記
2012.05.16 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2012年6月号 連載(4)記事掲載追記
2012.04.14 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2012年5月号 連載(3)記事掲載追記
2012.03.15 全ページ中央配置に変更
2012.03.15 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) 転載記事書式全面見直し
2012.03.14 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2012年4月号 連載(2)記事掲載追記
2012.02.19 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2012年3月号 連載(1)記事掲載追記
2012.02.19 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2012年2月号 佐藤勝氏試聴記追記
2011.02.13 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2011年3月号 投稿記事掲載追記
2010.08.28 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2010年8月号 投稿記事掲載追記
2009.08.31 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2009年9月号 投稿記事掲載追記
2009.06.27 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2009年2月号 投稿記事掲載追記
2008.01.04 Eclipse導入を契機に、全ページを見直して改定(開設以来の大改定)
2007.06.15 メッセージボード廃止
2007.05.01 メッセージボード変更
2006.06.11 「セッティング」にてレベル比較音声ファイルを追加
2006.06.10 「リンク」@Nifty定在波計算ソフトへのリンクを削除
2006.06.09 「3D音場」「構成機器」「リスニングルーム」「セッティング」を全面的に見直し、部分改定
2006.06.09 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2006年7月号 本文記事掲載追記
2006.06.09 「憩の広場」(雑誌掲載履歴) ラジオ技術2006年5月号投稿分追記
2006.04.19 「休憩室」追記
ご難続きのオペラ鑑賞
温泉宿でのチェロコンサート
ミューザ川崎シンフォニーホール
2006.02.28 メッセージボード「休憩時間」を一時閉鎖
2006.01.14 「休憩室」追記
イツァーク・パールマンの至芸!!
2006.01.06 「休憩室」追記
第6回クロスクラブサロンコンサート
ジュリアードカルテットの公開レッスン
ピアノ三重奏曲の録音
草津音楽祭とパノハカルテット
日墺文化協会 GALA CONCERT
パノハカルテットの公開レッスン
パノハカルテット in 船堀
パノハカルテット in 朝日ホール
2006.01.05 「休憩室」追記
フィルハーモニーカンマーアンサンブル第1回定期演奏会
伝説のピアニスト “ルース・スレンチェンスカ”
コールメサイアの録音
ピアノ四重奏曲の録音
ヤン in 東京藝術劇場
2006.01.04 「休憩室」追記
ホール生録
オーケストラの音量測定
ヤン・プステヨフスキー夫妻の来訪
紅花会
晋友会
ウィーンフィルを聴く
スピネットと、クラヴィコードと、足踏みふいご式パイプオルガン
2006.01.04 「憩の広場」(「雑誌投稿履歴」)ラジオ技術2005年12月号投稿分追記
「機器構成」フロントサブチャンネル用パワーアンプ写真更新(入力ゲイン調整付)

2005.10.14

正12面体スピーカー導入により「構成機器」「リスニングルーム」「セッティング」の各ページを大幅更新
その他のページも、書式変更等の若干の修正を行う。

2005.07.19

機器入れ替え、追加により「構成機器」ページを大幅更新
トップページの写真を更新
「リスニングルーム」写真更新
AVvillage連載記事を全紹介
トップページにダイナベクター社の「ユーザー交流」ページ新設紹介

2004.05.03

「休憩室」(珍しいスピーカー)を追記

2004.05.03

「休憩室」(同じモデルの生ピアノ音の違いがわかるか?)を追記

2004.03.24

「休憩室」(A&Vvillageに連載開始と「高橋和正の音の歴訪」取材)を追記

2004.03.24

「憩の広場」(「雑誌投稿履歴(「ラジオ技術誌投稿履歴」改名)」)AVvillage2004年3月号掲載分追記

2003.11.14

「休憩室」(ダイナベクター社試聴室での「平本式」デモ)を追記

2003.09.18

「憩の広場」(「ラジオ技術」誌投稿履歴) 2003年10月号投稿分追記

2003.07.28

「リスニングルーム」にてレイアウト図変更(フロント・サブスピーカーのレイアウト変更のため)。
「休憩室」(フロント・サブスピーカーのレイアウト変更)を追記。

2003.07.13

「休憩室」(フォルテピアノ演奏会)を追記。

2006.05.07

「休憩室」(アンティーク・ピアノ・コレクション)を追記。

2003.02.10

「憩の広場」(「ラジオ技術」誌投稿履歴) 2003年3月号投稿分追記

2003.01.16

「機器構成」の「6.位相合わせ」にて「パソコンソフトを使った位相合わせ」の項を追記。これに伴い「SoundForgeによる位相合わせ」のページを追加。
「憩の広場」リンク欄にSoundForgeを追加。
「休憩室」(パソコンソフトを使った位相あわせ)を追記。
「憩いの広場」(Q&A)の本文を新設ページに移設。

2002.10.20

「休憩室」(これでいいのか?アラーニャ)を追記

2002.09.23

「休憩室」(コロラトゥーラの女王“グルベローヴァ”!!)を追記

2002.09.01

「セッティング」のページの「サブチャンネルの音量」と「SSPの使用モード」の項に追記(黒色文字)
「休憩室」(3大テノール演奏会)を追記

2002.08.11

「休憩室」(まだまだ多いマルチチャンネル懐疑論)を追記

2002.06.12

「憩の広場」(「ラジオ技術」誌投稿履歴) 2002年7月号投稿分追記

2002.05.29

「ホーム」のタイトルをSTEREOHALLに変更
「休憩室」 (熱演!ホセ・カレーラス)を追記
一部フォント整理

2002.05.06

「機器構成」のページ横幅縮小
「憩の広場」(リンク) RC−2へのモデルチェンジ追記
「休憩室」 (生演奏の音がしない生演奏)を追記

2002.04.14

「ホーム」 メールアドレス訂正
「構成機器」(6.位相合わせ) 曲名”パガニニアーナ”を追記

2002.04.01

ホームページ公開

 

ホーム ] 3D音場 ] システム構成 ] リスニングルーム ] セッティング ] PCオーディオ ] 立体音像 ] [ 憩の広場 ]

 

最終更新日 2016/12/15  (→更新履歴)    

当サイト記載内容の無断転用はご遠慮ください。