セッティング(2/2)

ホーム 3D音場 システム構成 リスニングルーム セッティング PCオーディオ 立体音像 憩の広場
 

 

 前へ

 5.サブチャンネルの音量

 スーパーステレオシステムにおいて、サブチャンネルの音量設定は最も気を使うところでもあり、時間をかけて調整しなくてはなりません。どのようにして当ホールの実態をお伝えしたらいいのか思案しましたが、リスニングポジションにおける実測データをお見せするのが一番良かろうと思い、データ測定しました。

 下図が実測データです。(2006年5月時点)

 測定に用いた楽曲は試聴事例で紹介している「カルミナ・ブラーナ」の冒頭 部の一部です。合唱付きオーケストラ曲です。この測定値は一事例で、このように設定しなければならないということではありませんが、一応の目安にはなります。

 参考までに、当ホールがオープンしたとき(2002年4月)に示していたレベル設定を下図に示します。この時点では、フロントサブとミドルサブは並列接続していたため、2006年5月時点のフロントサブ+ミドルサブが、下図ではフロントサブとして示されています。

フロントサブ(左)、リアサブ(中)、全サブ(右)

  

 メイン(左)、サブ(中)、メイン+サブ(右)

  

 2006年のレベル設定と比較すると、サブのレベルがメインのレベルとほぼ同じレベルになっています。このことは、音像がクリアでなく、実像の完成度がまだ半ばであったことを意味しています。2006年では、サブのレベルが低いにもかかわらず、響きは豊かで音像は実にクリアです。筆者が暗中模索で費やした4年間は、 筆者には意味があっても、みなさまには意味がないことです。2006年時点のレベルを参考にすれば、一気に実像に近づけます。

注)サブチャンネル音量の微調整

 マルチチャンネル再生システムでは、サブチャンネルの音量設定が成否を分けます。上記の要領で概略の音量設定ができたならば、最後は微調整で追い込みます。
 準備作業として、ツマミの回転位置をしっかりと掴むために、ツマミの側面にマーキングをします。“FRONT/REAR BALANCE”と“MASTER VOLUME”のツマミの側面のパネルに近い部分に筋を書き入れます。FRONT/REAR BALANCEには目盛りがありませんが、中央位置を表すマーキングがありますので、これに近い位置にマーキングして、回転位置が判断できるようにします。
 凡その設定が終わったら、PSP−5側の音量設定を固定します。後の追い込みは、サブチャンネル用の個々の音量調整器を操作して追い込みます。
 リアは主として低音の出方が自然になるように着目して調整します。
 フロントのレベルは上げすぎると、楽器そのものの音色に影響を与えます。音色に影響を与えないで、しかも響きが豊かになる点を求めます。
 ミドルでホール全体の響きを決定します。レベルを上げすぎると、音像が鮮明さを欠くようになるので、そのバランスに気をつけます。
 最終調整時は、1dB程度の変化をさせながらの追い込みになります。いろいろなジャンルの曲を聴き、最適点を探します。非常にデリケートな調整ですから、時間をかけて根気よく行います。録音の状況が各ソース毎に異なっていますから、その都度調整すると言う考え方もありますが「音楽を聴いて楽しむ」と言う目的からすると、あまり曲ごとに神経質になるのもいかがなものかと思います。「一度調整したら曲ごとには変えない」との方針で私はやっています。「MODE」は「1」で行います。
 この段階での調整はデリケートで、当日の体調の影響を受けます。疲れていると感じるときは絶対にやらないことです。日を変え、時を変え、同じ曲群を繰り返し聴いていると、微妙な違いがきちんと判別できるようになるので、最後は自分の感性でまとめます。実際の会場でも、席によって相当音が違います。HSSでは自分の意思通りに席を選べると思えばいいでしょう。

 2002年の時に波形表示に用いた ソフトは、フリーソフトのSondEngineです。波形表示の他に「Spectrum Analizer」や「Phase Checker」機能があり、周波数の分布状況や、左右チャンネル間の位相状態を監視することができます。他にも便利な機能が沢山あり、フリーソフトとしては大変優秀です。

 6.SSPの使用モード

 スーパーステレオプロセッサーには1〜4の4つの「MODE}ボタンが用意されています。ディレイ効果の少ないものから大きいものまでの4種類です。私は4つのモードのうち「1」 しか使いません。当初は「2」を使うこともありましたが、’02年8月時点では全ての曲を「1」で聴いておりす。「響き」より「鮮明さ」を追求した方が、より緊張感をもって音楽を楽しむことができるからです。

トップへ

 

ホーム ] 3D音場 ] システム構成 ] リスニングルーム ] セッティング ] PCオーディオ ] 立体音像 ] 憩の広場 ]

 

最終更新日 2016/12/15  (→更新履歴)    

当サイト記載内容の無断転用はご遠慮ください。