ホーム ] 3D音場 ] システム構成 ] リスニングルーム ] セッティング ] PCオーディオ ] 立体音像 ] 憩の広場 ]

 

 

休憩室
 戻る
06.04.29 ご難続きのオペラ鑑賞
06.04.29 温泉宿でのチェロコンサート
06.04.29 ミューザ川崎シンフォニーホール
06.01.14 イツァーク・パールマンの至芸!!
06.01.06 パノハカルテット in 船堀
06.01.06 パノハカルテットの公開レッスン
06.01.06 日墺文化協会 GALA CONCERT
06.01.06 草津音楽祭とパノハカルテット
06.01.06 ピアノ三重奏曲の録音
06.01.06 ジュリアードカルテットの公開レッスン
06.01.06 第6回クロスクラブサロンコンサート
06.01.05 ヤン in 東京藝術劇場
06.01.05 ピアノ四重奏曲の録音
06.01.05 コールメサイアの録音
06.01.05 伝説のピアニスト “ルース・スレンチェンスカ”
06.01.05 フィルハーモニーカンマーアンサンブル第1回定期演奏会
06.01.04

スピネットと、クラヴィコードと、足踏みふいご式パイプオルガン

06.01.04 ウィーンフィルを聴く
06.01.04 晋友会合唱団
06.01.04 紅花会の録音
06.01.04 ヤン・プステヨフスキー夫妻の来訪
06.01.04 オーケストラの音量測定
06.01.04 黒川山荘コンサート
06.01.04 ホール借りきり生録

04.05.03

珍しいスピーカー

04.05.03

同じモデルの生ピアノ音の違いがわかるか?

04.03.24

A&Vヴィレッジに連載開始と「高橋和正の音の歴訪」取材

03.11.14

ダイナベクター社試聴室での「平本式」デモ

03.07.28

フロント・サブスピーカーのレイアウト変更

03.07.13

フォルテピアノ演奏会

03.05.07

アンティーク・ピアノ・コレクション

03.01.16

SoundForgeによる位相合わせ

02.10.20

これでいいのか?アラーニャ

02.09.23

コロラトゥーラの女王“グルベローヴァ”!!

02.09.01

3大テノール演奏会

02.08.11

まだまだ多いマルチチャンネル懐疑論

02.05.29

熱演! ホセ・カレーラス

02.05.06

生演奏の音がしない生演奏

02.03.31

演奏者の発声雑音

02.02.25

2002ウィーンフィルニューイヤーコンサート

 

06.04.29

ご難続きのオペラ鑑賞
1枚のはがきが届きました。「小澤征爾が病気休養のため指揮者がフィリップ・オーギャンに変更になる」。06年3月27日「東京オペラの森」の「オテロ」演奏会のことです。う〜ん残念。
前日の26日、チケットを一緒にとっていた知人のAさんが急に行けなくなったとの連絡があり、大慌てで、代わりに行ける人を探す羽目になりました。幸い親しくしている方から「OK」との返事があり、ほっと胸をなでおろしました。
当日、そろそろ出かけようと思ってチケットを探すと、「無い!!」。昨日手にしていたチケットが見当たらない。どこに置いたのか?!!・・・・・。時間が刻々と迫ってきます。このまま見つからなかったら、誘った方にも申し訳ない。どうしよう・・・。喉がカラカラに渇いてきました。そうだ、チケットぴあに相談しよう。かくして悪戦苦闘し、結果としてチケットぴあに購入証明書を作成してもらい、それをFAXで送ってもらって、ぎりぎりセーフとなった次第です。(歳はとりたくない)
会場に着くと、「キャスト変更」の紙が張り出されており、オテロがヤネス・ロートリッチに変わると書かれている。クリフトン・フォービスのオテロは素晴らしいと、散々前触れで書かれていたので、小澤が駄目でもフォービスがよければとの思いがあったので、これには正直言って「それはないよ!」でした。
案の定、オテロはイマイチでしたが、デズデモーナのクラッシミラ・ストヤノヴァの出来がよく、なかなか聴かせてくれました。
最後にご難はもう一つありました。席の関係か字幕がほとんど読めないのです。半分くらいしか判読できません。斜め横から電光板を見ると、明るさが落ちるため、照度不足で見えにくいのです。昨年暮れに同じ東京文化会館の中央2階席でレニングラードオペラ「椿姫」を見た時は字幕はよく見えたのに・・・・。チケット騒ぎでオペラグラスを持参するのを忘れたのが、こんなところでもご難になりました。
 

06.04.29

温泉宿でのチェロコンサート
06年3月1日。小学校のクラス会を行うというので参加しました。今回は岡山への一泊旅行です。倉敷の大原美術館、岡山の後楽園を経て、鳥取県境に近い湯原温泉に着きました。3月というのに、途中から雪が降り始め、湯原に着いた時は数cmの積雪となっていました。この温泉場は川原にある露天風呂が名物だから、是非入って行けと誘われましたが、何しろ、外は深々と雪が降り続いており、おまけに風も吹いています。風邪をひいてはつまらないと遠慮しましたが、何人かは雪の中の露天風呂を楽しんでいました。いや、恐れ入りました。
さて、宴会が終わって8時半頃から、ロビーでコンサートがあると言うので、「酔狂な宿だな」と思いながらロビーに足を運んだところ、すでに演奏会は始まっており、30〜40人のお客が集まっていました。演奏はチェロとピアノのデュオです。温泉宿で開かれるコンサートだから、期待もしていなかったのですが、聴いていると結構旨い。最後の方はテクニックを要する本格的なクラシック曲3曲が演奏されました。相当なテクニックです。演奏しているのは若い女性二人で、おまけに二人とも美人と来ています。これ、一体どうなっているの?
興味深々で演奏が終わると二人に話しかけ、「どうしてあれだけの腕があるのに、こんな温泉宿で演奏するの?」「私たちはいつもホールで演奏しており、こんなところで弾くのは初めてなんです。“食事がおいしい”“温泉でゆっくりできる”の誘い文句につられて、たまにはいいかと思って来たのです。」
なるほど漸く事情がわかりました。普段は関西地区で演奏活動をされているとのこと。東フィルの黒川さんのサロンコンサートをよく聴きに行くと言うと、「あ、芸大を出られた方ですね」、同じく芸大を出てN響でチェロを弾いているN氏も知っている、「その人も知っている。同い年なんです」え?!同級生?「いえ、コンクールでよく顔を合わせていましたから」、とても温泉宿を渡り歩く演奏家ではないと思っていましたが、なるほどこれでは実力があるわけでした。チェロが池村佳子さん、ピアノが鈴木華重子さんのご両名でした。
N氏の奥さんと芸大で同級生であった、ピアニストのMさんと親しくしているのですが、神戸にお住まいなら、ご存知ないですか?池村嬢「名前は知っています。一つ年下です」、この世界狭いのだなと実感しました。さらにルース先生の話をし、この方を招聘したのが岡山の三船さんと言う歯医者の方で・・・・「ミフネさん?私たち、その家に行ったことがあります。大きな絵があるお宅でしょう?」、何?今度はこちらがびっくり。何でも藤原真理氏のレッスンを受けるために三船邸に行ったとのことです。
三船氏は音楽学校でチェロを学んでおられ、その後藤原真理氏の指導を受けられたとのことです。著名な演奏家の方々と懇意にしておられ、まさに医者と音楽の両分野で活躍しておられます。
本当に「世の中狭いな」を感じた1日でした。

 

06.04.29

ミューザ川崎シンフォニーホール
06年2月12日、ヤン・プステヨフスキー氏がベートーヴェンのヴァイオリンコンチェルトを弾くと言うのでミューザ川崎に出向きました。オケはお茶の水OBオーケストラ。ミューザ川崎は1年ぐらい前に出来たホールで一度出向いてみたいと思っていたところでした。
開演前ロビーでヤン夫人に出会いましたが「ヤンがとてもいい音がするホールだと言っている」とのこと。写真で見る限りではサントリーホールを真似たワインヤード式のホールで、音もサントリーホール並みの響きであろうと思っていたのですが、実際に音を聴いてみると、素晴らしい響きでした。サントリーの響きはワインヤード形式だから仕方がないのだろうと思っていましたが、それはホールの形式の問題ではなく、あくまでも音響設計上の問題であることがわかりました。この日はマーラーの1番シンフォニーの演奏も行われましたが、低音部ももやつくことなく、豊かに響いていました。今回は前方の席だったのですが、中央、後方の席での響きはどうであるか、今後確認して行きたいと思いました。

 

06.01.14

イツァーク・パールマンの至芸!!

拍手と共にステージに現れた姿を見てびっくりしました!!車椅子で登場するのだとばかり思っていた私の目の前には、両手に杖を持って痛々しく歩むパールマンの姿があったのです!!自分勝手な先入観を恥ずかしく思いました。
06年1月12日。横浜みなとみらいホール。「あっ違う・・・」最初の1小節を聴いて思わず心の中で叫びました。その音色は音量豊かで、ふくよかで、透明感のある音でした。バッハのソナタ4番が大変美しく響わたり、心の奥深くどんどん入り込んで来ました。
とにかく一度は聴いておきたいと思っていたヴァイオリニストでしたが、レコードやCDで聴く音とは違って、もっと美しさがありました。S席とは言え前から16列目の左ブロックで、結構距離がありましたが、音量が豊かで、広い会場に響きわたり、音量不足感は全くありません。それでいて少しもギスギスした感じの音がしません。
「上体を動かさずによく弾けるものだ」との論評をどこかで目にしたことがありましたが、まさしくそのことを目の当たりにすることとなりました。足に力が入らないので椅子の背もたれに寄りかかって演奏するのかな?とも思いましたが、背筋はちゃんと伸びています。先般目にしたパノハも椅子にかけて演奏するわけですが、1stヴァイオリンのパノハ氏も結構状態を揺らせて感情を表現していました。昨春この同じスケージで聴いた前橋禎子氏は立っての演奏でしたが、お歳の割に(失礼)、その上体の激しい動きにびっくりさせられたものですが、パールマン氏の演奏はその対極にあると言っていいほど、上体が動きません。技の切れ味は抜群で、それでいて、どんなに激しい曲でも平然と演奏しているようにしか見えません。静のままで実に豊かな表情を聴かせてくれます。不思議な思いにかられました。
演奏を終えて、熱烈な拍手に応えるときに、忘れずに、不自由な足で回れ右をして、ステージ背面の聴衆にも笑顔で応えていました。氏の律儀さが感じられ胸を打ちました。
著名音楽家の演奏会のプログラムは高くて辟易するのですが、この日のプログラムは1000円でした。
しかもCD付きと掲示してあります。迷わず購入しました。プログラムを見るとこの日はAプログラムですが、Bプログラムの方にドヴォルザークのソナチネが入っていました。しまった、Bの方がよかったかな?と一瞬思いました。この曲はチェコのヤン氏の得意曲でなかなかいい演奏を聴かせてくれていましたから、聴き比べてみたかったと言う思いです。が、付属のCDの中身をみると、何とこのソナチネが全曲入っています! また、この日のプログラム「フォス:3アメリカン・ピース」は小沢征爾:ボストン交響楽団のオケ伴付で全曲入っています。「「このプログラムは随分安いや!」 これからは全てのプログラムが、こう であって欲しいものです。
プログラムの4番目は「クライスラー:名曲集(当日ステージ上で発表)」とあります。そのときがやって来ました。譜めくり嬢がステージ裾に下がったかと思うと 、やおら5〜6冊の楽譜を胸に抱えて再登場しました。これを見て客席に「おー!」と言うざわめきが起こりました。「これは本気で思いつくままに演奏するつもりのようだ」 果たして第1曲を伴奏氏に 告げ、楽譜を探し始めましたが、見つかりません。再び譜めくり嬢がステージ裾に入り、薄めの楽譜を持ってきました。こうしてようやくクライスラー名曲集の演奏が始まりました。その中で弾かれたグルックの「メロディ」は涙が落ちそうになるほど美しく、切なく、心打つ演奏でした。
曲名を告げて拍手があり、演奏が開始される・・・。これはまさしくアンコール演奏スタイルです。いつ終わるとも知れず演奏が続き、8曲目(だと思う)を弾き終えたとき、ヴァイオリンを伴奏氏に預けました。ステージから消え、その後ステージ横に2度ばかり立って拍手に応え、演奏会が終わりました。
大変心打つ素晴らしい演奏会で、至福のひとときを過ごすことができました。
ありがとう、イツァーク・パールマン!!
 

06.01.06

パノハカルテット in 朝日ホール

船堀での演奏会の2日後、浜離宮朝日ホールでのパノハカルテット演奏会に足を運びました。この日のお目当て演目はMy Life、つまりスメタナの「わが生涯より」です。
この日は一聴衆として、ゆっくりと演奏を堪能しました。ホールの響も大変いいです。室内楽ホールとしては、やはりこのくらいの大きさ(550席強)がいいようです。タワーホール船堀の大ホール(750席)は少し大き過ぎました。
ステージにはそっとマイクがセットされていました。4台の譜面台の中央に、小型マイクが目立たないように2本セットされていました。こうした至近距離で捕らえた音像がどんなものか聴いてみたいものです。音は鮮明でも、音場感がないのではないか?CDでのカルテット録音は横一列に聴こえますが、どうマイクセットしているのでしょうか?今回のようなマイクセットをし、他に音場を拾うマイクとミックスしている可能性が一番高いように思います。まさか一列に並ばせて演奏させているとは思えません。パノハの録音は余り横に広がっていませんが、来年草津で会えるとしたら、是非CD録音時のマイクセッティングについて質問してみたいと思います。

 

06.01.06

パノハカルテット in 船堀

05年11月2日、タワーホール船堀大ホール。石川雅子ミュージックアカデミーがプロモートするパノハカルテットの演奏会です。プログラムはハイドン/「皇帝」、モーツァルト/「狩」、ベートーヴェン/「ラズモフスキー第3番」と名曲を3番取り揃えたものです。
18時30分開場なのに、17時30分からしか会場が確保できておらず、リハーサルもこの僅かな1時間を狙っての練習となりました。ミュージックアカデミーのイベントの記録としてのビデオ撮影が許されており、このセッティングもこの僅か1時間の間に行わなくてはならず、電源配線から始まり、大忙しでした。
マイクは1列目にセットしましたが、カメラは最後列になります。小ホールと違って大ホールは750席定員のため、最後列からステージまでの距離が遠く、撮影には苦労しました。何しろアマチュア用の機材のため、そのモロさが直に出てしまいます。具体的には三脚の強度不足です。カメラのパンがスムーズに行えません。望遠の倍率が高くなっているので、僅かな振動も画面を大きく揺らします。光学20倍のカメラなので拡大率は稼げても、パンやズームインが難しいのです。2台のカメラを使っての撮影ですが、ズームやパンのところは編集でカットするものと割り切って撮影しました。
演奏は音楽の内面を抉り出すような素晴らしいものでした。さすが弦のチェコを代表するカルテットで、その音色も大変美しく、聴衆をうっとりさせるものがありました。
今回の公演ではクラシックに無縁であった方々のところにもチケットが行き渡っているので、きっと曲間で拍手が来るだろうなと思っていたら、案の定、第1楽章が終わったところでパチパチと来ました。が、さすがにそれ以後は静かでした。3曲目のラズモフスキーの第1楽章が終わったときでした。パチパチパチ・・・。??
後日、知人とそのことを話題にしたとき「あまりに素晴らしいので私も思わず拍手しましたよ!!」。ある番組のクラシック音楽に関するQ&Aで「曲間で拍手をしてはいけないのですか?」「いけないと言うことはありません。素晴らしかったら拍手していいですよ」との会話を思い出しました。
アンコールは3曲も演奏され、とりわけドヴォルザークの小品「ワルツ」と「糸杉」は感銘深い演奏でした。帰り際に小学生と思われる声で「あ〜よかった!!」と思わず口にした言葉がマイクに収録されていました。子供の純粋 な感性が発した言葉が、全てを物語っているように思えました。
かくして感銘深い演奏会の貴重な映像が撮れたものの、残念ながら著作権の問題があるので、ミュージックアカデミーのイベントの記録映像としてのみ保管されること になります。

 

06.01.06

パノハカルテットの公開レッスン

05年10月30日、江戸川区総合文化センター。石川雅子ミュージックアカデミー主催のパノハカルテットの公開レッスンが3会場に分かれて、9グループに対して実施されました。ミュージックアカデミーの生徒、講師、江戸フィルのメンバー等が受講者です。
口頭での指導の傍ら、実際に自分の楽器を弾いてお手本を示しての指導となりました。特にチェロではクールハン氏は自分の楽器を使わず、生徒の楽器で演奏の手本を示していました。「プロは
良い楽器をもっているから良い音がする」との思い込みが一般的ですが、実際に彼が生徒の楽器を手にするとまるで別の楽器ではないかと思われるほど、良い音を出していました。勿論楽器の違いはあるのでしょうが、それ以前に、弦楽器は鳴らすテクニックによってその音色が大きく変わることがわかりました。
夜は場所をタワーホール船堀小ホールに移し、ここで都響のメンバーによるカルテット「LOHE(ローエ)」に対してレッスンが行われました。課題曲は「わが生涯より」の第1楽章と第3楽章。最初にローエが弾いたとき「さすがプロ、なかなか旨いな」と言う印象でした。
いざ指導が始まるとなかなか厳しいものがありました。出だしの一音だけでも「もっと長く・・・」と何度も指導が飛びます。ほんの僅かな長さの違いですが、その違いを許しません。そう言えばジュリアードの指導も厳しかったな、とそのときのことを思い出しました。プロと言うのは本当に細かいところまで、神経を研ぎ澄ませて演奏していることを実感しました。
途中でパノハカルテットによる模範演奏が数分間披露されました。聴いていた聴衆の全員が「なるほど、さすがに表情が違う」と納得しました。引き続き演奏を続けるように促されたローエのメンバーから「どうしましょう」と戸惑いの声が聞こえたのも、その気持ちがよくわかりました。
かくして1時間半の指導はあっという間に終わりました。いいレッスンでした。

 

06.01.06

日墺文化協会 GALA CONCERT

05年10月、紀尾井ホール。日墺文化協会の主催でガラコンサートが行われるとのことなので足を運ぶことにしました。理由は二つ。一つは天満敦子さんの「望郷のバラード」を是非聴いてみたかったこと。もう一つは醍醐抄代子さんのピアノを聴いておきたかったことです。
ホルムベスクのバラーダは天満さんが日本に紹介し、以後彼女の代名詞と言われるほど大ヒットし、ドラマにもなった名曲とのことですが、浅学の私は全く承知していませんでした。05年に放送された半ドキュメンタリ番組NHKスペシャル「望郷」の収容所の場面で流れたのがこのバラーダでした。切々とした哀愁に満ちた旋律で、心に深く残りました。捕虜であった渡辺氏が最近になってこの曲を弾き続けているヴァイオリニストがいると聞いて、演奏会に足を運 ぶシーンが紹介されました。それが天満敦子さんの演奏会でした。以後、私もいつかは実演を聴いてみたいと思っていた曲でした。照明を思い切って落とした暗いステージの中で演奏は始まりました。さすが手馴れた演奏でキャリアを感じましたが、ご本人が後で挨拶されたように、冒頭の演目としては少し暗かったかも知れません。が、とにかく私は思いがかないました。
醍醐さんは石川雅子ミュージックアカデミーに顔を出しており、発表会での伴奏や、石川氏と連弾をしたりしているので、顔見知りの間柄です。イエルク・デムスの弟子としての彼女の晴れ姿(?)を見ておきたかったのです。演奏は、ひいき目かも知れませんが、今回出演した若い方々の中では、一番しっかりとした演奏をしておられたと思います。
会場に着いたとき、後ろからポンと肩をたたかれました。振り返ると、日本ベーゼンドルファーのFさんでした。「どうしたんですか?」「ピアノを協力させてもらっていますから・・・」。オーストリア。ウィーン。ウィーンと言えばベーゼンドルファー。日墺文化協会の音楽会とくれば、”ベーゼンドルファー”と来なくては話が始まりません。改めて我が頭の回転の鈍さを悟りました。しかし、この日の取りを務めた演奏家が、”世界スタインウェイアーティスト”と銘打っており、スタインウェイに変えられたのは皮肉なことでした。
席が2階だったので、階段を上っていると、上から顔に見覚えのある紳士が下りて来ました。「エ〜と誰だっけ?」と思う間もなくすれ違いになったので軽く頭を下げると、先方も頭を下げられました。すれ違いの瞬間「あっ!国会議員の中川秀直さんだ!!」。見も知らぬ私に頭を下げられるとは、誠に恐れ入りました。そう言えば中川氏は日墺文化協会の専務理事をしておられるのを思い出しました。(遅い!)

 

06.01.06

草津音楽祭とパノハカルテット

05年8月。石川雅子氏他ミュージックアカデミーのメンバーと草津に行きました。お目当てはこの音楽祭の常連となっているチェコの世界的弦楽四重奏団パノハカルテットです。パノハカルテットは過去2回ミュージックアカデミーで公開レッスンを行っています。 ミュージックアカデミー特別講師のヤン氏は予ねてよりパノハカルテットと知己の仲です。さらに05年10月には3度目の公開レッスンが、11月には一般演奏会がプロモートされており、ミュージックアカデミーとパノハは深い関係にあります。今回は秋のイベントの下打ち合わせを兼ねての草津行きとなりました。(草津音楽祭の正式名称は「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」)
パノハカルテットの演奏会場のロビーで、あれ〜!紛れもなくノーベル賞受賞者の小柴先生です。ご夫妻でお見えになっていましたが、先生は左手を肩から吊っておられました。 怪我でもされたのでしょうか?モーツァルトが大好きとの話を耳にしたことがあります。研究の合間にモ−ツァルトで脳を休めておられたのでしょう。
その夜はパノハカルテットメンバーとの会食でした。皆気さくないい人たちでした。ヤン氏がチェコ語の通訳、石川さんがドイツ後、後は英語で意思疎通を図りました。メンバーは英語得意とドイツ語得意に分かれているようです。
翌日、他のもう一公演を聴いて帰りましたが、昼間教室の窓からフルートの演奏が聞こえるので、近づいて廊下からからそっと覗いてみると、熱心に公開レッスンが行われていました。事務局に「無料?」と聞くと、一連のレッスンのチケットをまとめて買うことになるとのことなので諦めましたが、講師はオーレル・ニコレ先生であることがわかりました。ニコレ氏の名はプログラムにはありませんでしたが、指導には当られたようです。私のCDライブラリーにあるバスーンのトルコビッチ氏の名前も合奏メンバーの一員として名前があがっていました。日本では温泉町としてつとに有名な草津ですが、国際的には音楽都市として知られていることがよくわかりました。

 

06.01.06

ピアノ三重奏曲の録音

4月の室内楽の夕べに続いて、今度は冨沢由美さんがプロモートしての「Musik Becher」が開かれることになりました。メンバーは村本さんに、冨沢さんのご主人となられた西山健一さん(チェロ)です。西山さんは現役のN響のメンバーです。 芸大出で東フィルの黒川さんの後輩に当ります。
05年7月、タワーホール船堀小ホール。今度はマイクスタンドを1列目の中央にセットしました。今回はご家族の「やっぱり映像があった方がいい」とのご意見に従い、ビデオ撮りも併行して行いました。ビデオカメラは最後列です。したがって録音の方は無人 で放りっぱなしです。
マイクを1列前に寄せたのと、おそらくVnとCeが少しステージ前よりに位置したのではないかと思いますが、VnとCeに関してはなかなか鮮明な音像が収録できました。その代わりピアノが少し遠めになってしまいました。若干絃とのバランスが崩れています。本当にマイクのセッティングとは難しいものです。
最後列で収録したビデオの音声は、最前列で収録した音声に置き替えてビデオ編集し、DVDを完成させました。
西山さんは私のオーディオシステムに関心を示しておられるようで、一度聴いてみたいと言っておられるそうです。しかし9月から1年間、ベルリンに留学予定のため、実現はまだまだ先のことです。

 

06.01.06

ジュリアードカルテットの公開レッスン

ジュリアードカルテットによるレッスンが無料で公開されると言うので、往復はがきで申し込みました。05年5月、紀尾井ホール。 カルテットのメンバーが2組分かれ、それぞれ2組のカルテットを指導する形態がとられました。指導に入ると実に微に入り細に入った内容となり、素人の私には、とてもそんな細かい表現にまで気を使って演奏 などできるものではない、と言う感覚が強かったです。しかし、現実のプロ演奏家の世界では、そうした努力の積み重ねで評価を得ているのでしょう。改めてプロの世界の厳しさを実感しました。
それにしても、1時間のレッスンが4組、さすがにお尻も痛くなって、聴くのも大変でした。

 

06.01.06

第6回クロスクラブサロンコンサート

黒川氏のフィルハーモニーカンマーアンサンブルの活動拠点の一つが久が原クロスクラブです。毎年春と秋の2度、ここで演奏会を催しておられます。
05年5月。昨秋に続いて二度目の訪問となりました。今回はヤン・プステヨフスキー氏にスポットが当ったプログラム構成となっています。つまり、ヤン氏のクロスクラブデビューコンサートです。ピアノ四重奏、ピアノ三重奏、ヴァイオリンソロと出ずっぱりでした。40〜50人でぎっしり一杯となる会場です。至近距離で聞く演奏は、ホールで聴く演奏とは別の味わいがあり、まさに「サロン
コンサート」です。合間に黒川氏の軽妙な解説が加わり、これもこうしたコンサートならではの楽しみのひとつです。
もう一つの楽しみは、演奏終了後のパーティです。立食パーティなので、出演者の方々とも気軽に会話を交わすことができ、大変楽しいひと時を過ごすことができます。
黒川さんに調子に乗って聞きにくい質問をしてしまいました。「一昔前は、オーケストラの方々の暮らしは大変だったと聞いています。先日N響のメンバーの方に聞いたら、まんざらでもないような返事でした。実際どうなんですか?」「あそこは特別に待遇がいいの!!」との返事でしたが、今は随分待遇も良くなっているのは確かなようでした。クラシックCDが売れなくなり、特に金のかかるオーケストラの新譜が少なくなった今日ですが、なんとか音楽文化が衰退しないように祈るのみです。
今回は戸外のパーティ会場が途中から雨に襲われ、慌てて演奏会場内に引っ越す騒ぎとなりました。そういえば昨年の黒川山荘でも、同じようなことが起こったのが思い出されます。
貧乏性の私としては、ささやかな入場料でパーティ代が賄えるのか心配になってしまいますが、これからも頑張ってサロンコンサートを続けていただきたいものです。

  

06.01.05

ヤン in 東京藝術劇場

ヤン・プステヨフスキー氏が東京藝術劇場大ホールの舞台に立つことになりました。05年4月29日。青山シンフォニーオーケストラの定期公演でワンステージを務めることになりました。ツィゴイネルワイゼンを含むヴァイオリン小品3曲の演奏です。
ヤン応援団としては誠にめでたいことです。既にソリストとして江戸川区で演奏会をやっているとは言え、2000人の大ホールに立つのは初めてです。
当日は満席で、満場の拍手を浴びて、東京デビューは成功しました。今後の活躍を祈ってやみません。

 

06.01.05

ピアノ四重奏曲の録音

石川雅子ミュージックアカデミーヴァイオリン科講師冨沢由美さんの芸大時代からの友人で、ピアニストの村本麻里子さんから、演奏会の録音を頼まれました。両名に加えて、折から来日公演中のベルリン・ドイツ交響楽団のメンバーが加わって室内楽の夕べを開催するとのこと。ビオラとチェロの4人でピアノ四重奏がメインプログラムとなり、これに各人の独奏 を組み合わせての夕べとなりました。
05年4月、タワーホール船堀小ホール。ミュージックアカデミーの発表会に使われる会場なので勝手は良くわかっています。マイクは前列2列目の中央にセットしました が、少しマイクが遠めであったかな?と言う印象です。室内楽はもう少し近い方がよかったかも知れません。
ビオラのオバサマは、37年前日本に居たことがあるとのことで日本語ペラペラの気さくな方でした。チェロ嬢はファッショモデルと見間違うばかりの長身美人。182cmと言うのに、当日は高いヒールを履いて来たので、176cmの私から見ても、見上げるばかりの長身姿でした。
ジャケットは日本語とドイツ語の併記と言うことになり、ベルリン留学の経験のある村本嬢にドイツ語はお任せしました。学生時代に勉強した私のドイツ語は全く役に立ちません。ドイツ語で困るのはウムラウトの処理です。ウムラウトを受け付けるフォントと受け付けないフォントがあり、またアプリケーションソフトによっても違いがあることがわかりました。勉強になりました。
翌5月、冨沢さんが新婚旅行でベルリンに行かれたとき、CDを託しました。ベルリンのお2人は大変喜んでおられたとのメールが届きました。

 

06.01.05

コールメサイヤの録音

高橋和正氏は著名なオーディオ評論家であり、研究家でもありますが、若い頃から歌の勉強をしておられます。現在もコールメサイアと言うコーラスグループに入っておられ、美声を磨いておられます。このコールメサイアの発表会があると言うので、録音を依頼されました。
05年4月、青葉台フィリアホール。ステージ前方左手にはピアノ、右手にはエレクトーン×2台、中央奥にコーラスと言う布陣です。規模がデカイので客席の前から5列目あたりにマイクスタンドを高々と立てようとしたら、関係者からNGを食ってしまいました。当然と言えば当然です。さてどこにしようかと散々迷いましたが、「とても満席にはならない」との情報を得て、最前列中央に背を低くしたマイクスタンドを立てました。
録音機は発売されたばかりのローランドのEDIROL R−4。ハードディスク録音で、録音時間を気にしなくていいことと、24ビット録音が出来ることが魅力です。2系統のステレオ同時録音も出来ます。マイクはBEHRINGERのECM8000です。S/Nが少々気になりますが何しろ小型で安いのが魅力です。R−4にはファンタム電源も装備されているので助かります。
生録で最も難しいのは録音レベルの設定です。サチらせたらお終いです。リハーサルのときエレクトーンソロの音を聞いてドギモを抜かれました。もの凄い音量です。スピーカーはステージ奥の両サイドに設置されていましたが、音量は耳をつんざくロック演奏の音量です。これではコーラスとあまりにもアンバランスではないか?さすがに団員から「もっとエレクトーンの音を小さくして欲しい」との注文がつき、少し絞られました。演奏者に「これ以上音量をあげることはないですね?」と確認してレベル設定をしました。
それでも本番では何が起こるかわからないので、最低6dB余裕を持ってレベルセットしました。音量は後でパソコン編集時に適正レベルに上げられます。S/Nが悪くなるとは言え、安全性には替えられません。このとき24ビット録音は大変有り難いです。最終的には16ビットに落としますが、微小レベルの音を削らずに済みます。
演奏はヘンデルのメサイアで、録音は順調に進み最後の3曲はステージ・インと言って、会場から希望者を募ってステージ上で一緒に歌います。どうせ多くは出てこないだろうと思っていたのですが、どうしてどうして、ぞろぞろ、ぞろぞろ。コーラス員が倍近くに増えました。どうしようと思っているうちに演奏が始まり、レベルメーターが跳ね上がります。肝を冷やす瞬間が何度かありましたが、どうにか0dBで止まったようです。安全を見て楽勝と思っていたのですが、心臓の止まる思いをしました。これだから生録はこわいです。
フィリアホールは大変響のいいホールです。エレクトーンの音がオーディオ的にはいただけませんが、オーケストラ代わりに会場を圧すると言う点では、録音素材として価値があります。HSSで聴くと、当日を彷彿とさせる響が再現されます。音場確認用の貴重な音源となりました。

 

06.01.05

伝説のピアニスト “ルース・スレンチェンスカ”

05年2月。鎌倉のO夫人から電話がありました。「明後日、予定が空いていますか?」「はい」「実は世界的なピアニストが私の家に来て、ベーゼンドルファーを弾くといっているのでビデオを撮って欲しい」「何という方?」「ルース・スレンチェンスカ」
残念ながら名前に聞き覚えがないので、早速インターネットで調べたところ、「9歳の時、急病のラフマニノフの代役を務めコンサートを大成功させる・・・・」。ラフマニノフ。私にとっては一人の音楽史上の大作曲家でしかない存在が、突然 身近な存在として目の前に迫って来ました。「世界の楽団に熱狂的に迎えられ、・・・小沢征爾など多くの名指揮者と競演、60年代までに全世界で3000回を超えるコンサートを行い、LP時代、12枚のゴールドディスクを出した・・・」「絶頂期に突然商業的な演奏会を中止し、以後後進の指導に専念する・・・」
まるで20世紀の生き字引であるような大ピアニストです。数年前ご主人を亡くされ、年に数回の演奏会を開催するようになりました。来日は3年連続4回目となります。05年に80歳になるのを機に、去る1月に岡山で引退コンサートをやり終えたばかりだとの話であります。どうしてO邸訪問となったかは話が長くなるので省略しますが、当のO夫人が晴天の霹靂で一番驚いておられました。
とても80歳には見えない、愛くるしい笑顔の持ち主の女史は、部屋に入るなりベーゼンドルファーに目が止まり、近寄って椅子に腰掛けると、いきなりショパンを弾き始めました。こうして、思い出深いホームコンサートが始まりました。
当日は日本での演奏会をプロモートしておられる岡山の歯科医三船文彰氏ご家族ご一行他、O夫人の恩師ご家族、知人、友人と多士済々の方々が集まり、総勢20名弱での演奏会となりました。
約30帖の部屋には、知人から預かっていると言うエラール、O夫人がこれまで使っておられたローゼンクランツを含めて3台のグランドピアノが並んでいます。ルース女史は順番に弾いて 回られましたが、やはりベーゼンドルファーがお気に召して、以後はすべてベーゼンで演奏されました。ニューヨークの自宅にはスタインウェイとベーゼンがあるそうで、ときどき交代しながら使っているとのことです。(O夫人のベーゼンドルファー導入の経緯については本欄の「同じモデルの生ピアノ音の違いがわかるか? 」をご参照ください)
身長150cmにも満たない小さな体に、小さな手。これまで1日10時間の練習は欠かさなかったと言う体力、譜面台は目障りになるらしくわざわざ倒して弾かれます。当然全部暗譜と言う記憶力、驚かされることばかりです。演奏スタイルは古いと言えば古いのかも知れませんが、現代風の機能一点張りの演奏スタイルとは一線を画し、感情 表現に重点を置いた演奏で、聴取者の心を捉えるものがあります。まさに「伝説のピアニスト」と呼ぶにふさわしい演奏でした。
彼女の終生の友であったと言うホロヴィッツが、晩年来日した際の演奏をTVで見ましたが、残念ながらミスタッチも多く、老いたという印象が強く残りました。しかし80歳の女史はまだテクニックも衰えていませんでした。1日10時間の練習と言うのもうなづけました。引退の理由の一つにこの10時間の練習をこなすのがきつくなったということもあるようです。
プログラムは特になく、彼女の頭にひらめいた曲を次から次へと弾かれました。プロコフィエフの小品が2曲入った他は全部ショパンでした。最後に出たリクエスト曲が「ショパンのコンチェルト2番、第2楽章をwithoutオーケストラで」でした。いささか驚いていた女史ですが、やりましょうと弾き始めました。どうなることかと内心心配でしたが、結果的にはこれは絶品でした。オーケストラなしのため却って表情が豊かで、胸に染み入る味わいがありました。
かくして、良く話し、良く笑い、良く食べた(その食欲には感心させられました)彼女は、4時間後にすっかり暗くなった夜の闇に消えて行きました。本当に思い出深いひと時でした。
岡山では三船氏の邸宅に滞在し、練習風景を含めてNHK岡山が密着取材していました。後日伝説のピアニストのラストコンサートと題して30分番組にまとめ、全国放送されました。

  

06.01.05

フィルハーモニーカンマーアンサンブル第1回定期演奏会

05年1月、東京オペラシティリサイタルホール。東フィルの黒川正三氏が主宰するフィルハーモニーカンマーアンサンブルは、変幻自在に楽器編成を変えながら、関東近辺の各地で演奏活動を続けられています。本業のオーケストラの合間を縫ってのご活動ですから、頭が下がります。本欄で既に紹介した黒川山荘コンサートも、カンマーアンサンブルの活動の一環として位置づけられています。
さて、そのアンサンブルの最大規模の演奏会が開かれることになりました。それがこの演奏会で、嬉しいことに定期演奏会と名づけられています。つまり、これから毎年この演奏会を続けて行くよという意思表示と受け取れます。
出演者は13名、「バッハ/二つのヴァイオリン・・・」「ドヴォルザーク/ドゥムキー」「ドヴォルザーク/弦楽セレナーデ」と名曲揃いで大変素晴らしい演奏会でした。ドゥムキーは山荘コンサートでも演奏されましたが、今度は公開演奏です。最後の弦楽のためのセレナーデは大変美しい演奏でした。弦楽アンサンブルの魅力をたっぷりと聴かせていただきました。今後の益々のご活躍を期待して止みません。

 

06.01.04

スピネットと、クラヴィコードと、足踏みふいご式パイプオルガン

04年11月、八王子復活教会。中に入ると正面に初めて目にするクラヴィコード、右手にスピネット、左手にふいご式パイプオルガン。
私はクリスチャンではありませんが、この教会で黒川ご夫妻による演奏会が行われると言うので、足を運びました。
スピネットも実物は初めて目にしましたが、これは小型チェンバロと言ってもいいでしょう。いや、チェンバロの前身と言った方がいいのかも知れません。
何といっても珍しかったのはクラヴィコードです。その名前はバッハの名前と共に何度か耳にしているので、承知していましたが、これまでおよそイメージの湧かない楽器でした。黒川氏の解説によると「携帯用の鍵盤楽器」となるそうですが、発音原理も解説を聞くまではよくわかりませんでした。
実際に音が出てみると、実に小さな音です。スピネットの半分以下の音量であろうか?しかし、実に味わいのある音で、バッハの時代を思わせるものがありました。
ふいご式の小型パイプオルガンは足踏み式で、昔小学校によく置かれていたオルガンを思い起こさせるものがありました。
正三氏のチェロが加わってのデュオがありましたが、何と言っても当日の主役は文子夫人で、古楽器の魅力を堪能させてもらえた貴重な演奏会でした。

 

06.01.04

ウィーンフィルを聴く

03年秋のウィーンフィル公演はチケットが取れず、残念な思いをしました。04年はインターネットでプレリザーブを枠一杯で申し込んだところ、見事1枚をゲットすることができました。
04年11月16日、サントリーホールS席。指揮は当代人気抜群のゲルギエフ。メインの曲目はチャイコフスキーの交響曲第5番。
何と素晴らしい演奏だろう!!先ず音が違う。絃は絹のような肌触りである。各パートのバランスが抜群である。 どの部分を取り出しても絶妙なハーモニーで構築されている。チャイコの5番がこんなにハーモニー豊かな曲だったかな?との思いが頭の中を過ぎった。これは偏にゲルギエフの手腕なのであろう。彼の指揮棒のままに音が自由に変化している、と言う他ない。
半年前に「優秀録音」の評にひかれて小林研一郎/チェコフィルの同曲演奏のCDを購入していましたが、大変申し訳ないが、ゲルギエフ/ウィーンフィルを聴くと、コバケンの5番はあまりにも荒っぽく、音楽の作りが雑であると思えて仕方ありません。
ゲルギエフはこの45分の曲を一気に演奏しました。つまり楽章の間で休憩を取らない。指揮棒を下ろさないまま静止して間合いを保ち、次の楽章に入りました。このため、曲間にも聴衆の咳音等の雑音が入る余地がなく、緊張を維持したまま4楽章を通して演奏しました。これは大成功だったと思います。
いつか、本場のムジークフェラインザールで聴いてみたいと言う思いが、新たに湧き上がりました。

 

06.01.04

晋友会合唱団

晋友会の名前を始めて目にしたのは、小沢征爾指揮/ベルリンフィル:カルミナブラーナのCDを手にしたときでした。素晴らしい演奏に、素晴らしい録音で、今現在でもオーディオ視聴用のリファレンスCDとしています。驚いたのが合唱が晋友会というアマチュアコーラス団体であったことです。小沢征爾氏がどうしてもこの合唱団でなければ・・・と押し切って連れて行った言うから、その眼力は大したものだと、いまさらながら感心します。
以来、機会があれば晋友会を一度は聴いて見たいと思っていたところ、ズービン・メーター指揮でマーラーの「復活」を晋友会のコーラスでやるとの活字が飛び込んで来たので、早速チケットを入手しました。オケは スーパーワールドオーケストラです。
04年10月3日、サントリーホール。演奏開始からほぼ1時間経って、オカペラのコーラスが静かに始まりました。そのppの美しいこと。「なるほど。なるほど」と何度もうなづかせるものがありました。
関屋晋氏も挨拶にステージに上がられました。思えばこれが最初で最後に目にした関屋氏のお元気な姿でした。半年後に急逝されたとのニュースを目にしました。ご冥福を祈ります。

 

06.01.04

紅花会の録音

高橋和正氏より「知り合いからコーラスの録音を頼まれた。CDを作って欲しい」とのお話があり、二つ返事で引き受けました。「紅花会」・・・名前から想像されるように女性コーラスグループです。04年10月2日、 こまばエミナース。演奏会当日、代表の方から「平均年齢70歳で、最高齢者は80歳・・・」と紹介されました。
マイクは高橋氏が持ち込まれました。会場内の前から5列目ほどの所に、高々とマイクスタンドをセットしました。いささか気後れがしましたが「いい音で録るにはこうしなくては・・・・」との高橋氏のの自身に満ちた声で腹を決めました。録音は2人で持ち込んだDATでそれぞれ録音しましたが、最終的に私のDATで録音したものを、CD化しました。
平均年齢70歳にしては随分上手なコーラスでした。"コーラス経験者しか採用していない"がウソでないことがよくわかりました。
これまで私は単一指向性のマイクを使用してきましたが、高橋氏は「絶対に無指向性でないとダメ」との論者です。なるほど後で聴いてみると、無指向性マイクによる録音の方がはるかに自然な音場を捉えていました。以後、私も無指向性 マイクに宗旨変更しました。
開演は2時からなのに、練習は9時半から始まりました。皆さんお元気です。コーラスの練習が終わるとゲスト出演のソプラノ独唱のリハーサルが始まりました。一声聴いて「これは・・・・ !」とびっくりしてしまいました。慌ててプログラムをめくってみると「臼木あい。東京芸大修士科在学中。第72回日本音楽コンクール声楽部門第1位。・・・」とある。なるほど、実力十分の本物の歌手でした。
それにしても、どうしてこれほどの歌手が、こんなところに・・・?と言う疑問が湧きましたが、答は直ぐに出ました。このコーラスを指導している声楽家が、彼女のお母さんでした。
あいさんの歌唱力は見事なものでした。声量豊かで音程が確かなコロラトゥーラは、聴いていて生理的に気持ちよかったです。 バーンスタインのキャンディードを聴いたとき高橋氏が「家のレコードより旨いな〜」とぼそり。既に二期会に入っておられ、主役を歌っておられるようです。今後の活躍が大いに期待されます。
後日談です。美麗なCDジャケットに収めて納品しましたが、「一生の宝物にします」と喜ばれた方がおられるそうです。この種の仕事をして、こういう感謝の言葉を頂くと嬉しいものです。
さらに後日談で、拙宅にHSSの試聴に来られた某氏より「いろいろ聴かせていただいたが、一番よかったのはオバアチャンコーラスでした」とのメールを頂き、 いささか複雑な思いでした。

  

06.01.04

ヤン・プステヨフスキー夫妻の来訪

チェコのヴァイオリニストのヤン氏は、オーディオへの関心も深い。04年9月拙宅にご夫婦で来訪されました。チェコ国内のオーケストラを始め 、幾つかのオーケストラでコンサートマスターを務めてきたプロ演奏家の耳で聴く、我がオーディオへの評価はどんなものか?答えは「この部屋に引っ越して来たい!!」でした。ウェットな響がとてもお気に召したようでした。
ただし、オーディオ評論の前に、流れている音楽の演奏評が先に出てくるのは、プロ演奏家としての職業病なのかな?と感じた次第です。

 

06.01.04

オーケストラの音量測定

黒川氏より、「東フィルも是非聴いて下さい」とお誘いを受け、04年8月オペラシティでのチョン・ミュンフン指揮/ショスタコーヴィッチ:交響曲第5番のチケットを入手しました。公演直前での入手でしたが、前から5列目、丁度コンサートマスターの正面に当る席でした。「これはいいチャンスだ」と予てより計画していたオーケストラの音量測定を行うこととしました。
手持ちのデジタル騒音計を構えて第1楽章を聴き終えましたが、以外にも104dBしか記録しません。第4楽章に入って106、108と数字が上がり、最後の最後にグランカッサが「ドスン!」と鳴ったときに110dBを記録しました。オーケストラの間近での測定なので、もう少し数字が伸びるのではないかと思っていましたが、まあまあ順当な結果となりました。
それにしても、この広大なダイナミックレンジは、CDでは記録できず、SACD頼みとなりますが、問題はこれを再生するリスニング環境が確保できるかと言うことです。こちらの方が至難の技です。たとえ物理的に実現できたとしても、聴感的には2ch再生で微小音を聴き取ることは無理だと思います。立体音場が伴わないと、聴感的なダイナミックレンジが広がらない、と言うのがその理由で、私の持論です。

 

06.01.04

黒川山荘コンサート

04年8月、チェコのヴァイオリニスト、ヤン・プステヨフスキー氏に、知人と山荘コンサートを開くので聴きに来ないかと誘われ、オウムで有名になった山梨県上九一色村の別荘地に足を運びました。「黒川山荘」。別荘地の一番入口にその山荘はありました。ここでこの別荘のご主人の黒川正三さんと文子夫人に紹介されました。黒川正三氏は東フィルの主席チェロ奏者、奥様はピアニストで、オルガンやチェンバロも演奏されるプロの演奏家です。この日は東フィルの他のメンバーも加わっての室内楽コンサートです。前庭が聴取席で、聴衆は約20名。風邪の音や鳥の声が入り混じる文字通りのホームコンサートで、ホールで聴くのとはまた別の味わいのあるコンサートでした。終了後はホームパーティに変身し、楽しいひと時を過ごすことができました。 (コンサートの正式名称は富士山荘コンサートです)

 

06.01.04

ホール借りきり生録

04年7月、私が協力スタッフを務めている石川雅子ミュージックアカデミーのピアニストの石川雅子主宰とヴァイオリン科の特別講師ヤン・プステヨフスキー氏が、江戸川区音楽協議会の7月定期公演に出演することになりました。折角だからちゃんとしたCDで残そうと言うことになり、会場となる小岩アーバンプラーザホールを、公演の前日、半日ばかり借り切っての レコーディングとなりました。マイクは天吊りのラインマイクを使用することとしました。
このホールには、何とベーゼンドルファーインペリアルという最高級のピアノがセットされています。これに加えてホール借り切りですから、このような贅沢な生録の機会にはなかなか遭遇することはできません。と言う次第で張り切ったのですが、そこは一流ホールでない悲しさ、空調の音がうるさくて話になりません。この夏は特に暑さが厳しく、当日も午後3時過ぎの時間帯ですから外はウダルような暑さです。意を決して「空調を止めてください」。こうして汗びっしょりでの レコーディングが行われました。
翌日は本番で、これはさすがに空調を止める訳には行かず、音があまり気にならないビデオ撮りに専念しました。こうして「ウィーンからの挨拶」(CD)と、「ウィーンの調べ」(DVD)が完成しました。
ご関心のある方は下記をご覧ください。
http://www.k3.dion.ne.jp/~music-ac/shouhin.htm

 

04.05.03

珍しいスピーカー

「ベーゼンドルファー」と言えば、オーストリア製のピアノとして世界に名前を知られていますが、このベーゼンドルファー社よりこの度スピーカーが発売されました。詳細については「ステレオサウンド」誌や「A&Vヴィレッジ」誌で紹介されているので、そちらを参照願うとして、スピーカーの箱を響鳴させて音量を稼ぐと言う、まさに楽器の発想をスピーカーの世界に持ち込んだものであります。正直言って、オーディオ用には??と疑問符だらけです。
このスピーカーの日本での販路開拓のために、Dr.レシュナウア氏が3月に来日され、10日間にわたって滞在されました。来日した翌日と離日前日の2回程逢う機会があり、彼本人の音の好みについて聞くことができました。むき出しのリアルな音よりもまろやかなハーモニー音を好まれるようで、これがヨーロッパの中心的な考えなのかもしれません。新しいスピーカーにはその時はお目にかかることは出来ませんでしたが、トウィータが正面を向き、ウーファは横を向いているとのこと。つまり、直接音より間接音を重視して部屋全体の響きを楽しもうと言う発想のようです。なるほど、ヨーロッパの響きの豊かな大きな部屋で聴くには、それなりの味わいがあるのかも知れませんが、日本の国情には少し合わないのではないか、との疑問が残りました。
このスピーカーはとりあえず2週間ばかり協同電子システムに置かれることになったので、ともあれ、一度音を聴かせていただくことにしました。鈴木社長に申し込みの電話を入れてみると「高橋和正さんが見えることになっているので時間を合わせたら・・・」となり、二人でお邪魔しました。高橋氏はすでにこのスピーカーが持ち込まれたとき、レシュナウア氏と一緒に聴いておられます。今回はパイオニアからカーオーディオ用に発売されるスピーカーユニットがなかなかいい音がするとのことで、そのユニットを持参されました。口径8cm弱のユニットですが確かにいい音がします。自分の部屋のサブスピーカーとして使ってみたい気がしました。1個5万円は少々高い・・・・。
話が横道にそれました。肝心のベーゼンドルファの音ですが、あのスタイルにしてはよく低音が出るなと思いましたが、案の状、位相関係が無茶苦茶なものですから、近寄ってきくと音楽になりません。6畳程度の和室に持ち込んだら音楽を聴く気にはならないでしょう。これはまさしく、ヨーローッパの国情から発想されたスピーカーでした。
高橋氏は自作の2ウェイスピーカーも持ち込まれましたが、ピアノの音のエッジの立ち具合を比較試聴しました。高橋氏の完璧に位相管理された音に比べるとベーゼンの音は立ち上がりが崩れているのがよくわかり、スピーカーの位相管理の重要性を思い知らされました。

 

04.05.03

同じモデルの生ピアノ音の違いがわかるか?

昨年12月、「同じモデルのグランドピアノ4台の音を聴き比べをする」とのお誘いがあり、このような体験は滅多に出来ることではないので参加しました。場所は磐田市の日本ベーゼンドルファー本社のショールームです。
ことの起こりは11月に鎌倉のO夫人がウィーンのベーゼンドルファーを訪問した際、2mモデルのグランドピアノを買い付け、そのピアノが日本に届いたので、最終選考をするとのことでした。当日は同じモデル4台がショールームに置かれていました。以前より置かれていたピアノが2台、ウィーンから届いたばかりのピアノが2台。もちろんその内の1台はO夫人が買い付けたものです。
「一流ブランドの同じモデルのピアノで、音の違いなどわかるのかな?」と野次馬気分で行ったのですが、これがどうして、4台のピアノの音が全部違うのです!!これには驚きました。低音と高音の音量バランス、音の曇り具合と抜け具合、持続音の長さ等々微妙に全部違うのです。
もともと置かれていた2台は湿気で音が曇っているのでは?と思ったのですが、ウィーンから来たばかりの1台も同じ傾向の音でした。2時間ばかりの試聴で、結局ウィーンで選んだモデルが一番いいだろうと言うことになりました。同じモデルでどうしてこんなに音が違うのかと尋ねると、それはもともとの木質の違いによるところが大きいとのことでした。木の1本1本の育ち方が違うので、それにより微妙に響鳴の仕方が違うとのこと。実にいい体験になりました。(お値段は800万円でした)
2月初旬に納入され、先月11日に調律が行われました。何れもその都度知人によるミニコンサートが行われ、大いに楽しませていただきました。
こうして、思いもかけず生ロクの機会に恵まれ、CDやDVDを作成して楽しんでいます。ワンポイント・エレクトレットコンデンサーマイクとポータブルDATによる録音ですが素直な音で、十分鑑賞に耐えるのには驚きました。「実は自作CDだ」と紹介すると試聴に見えた方がビックリされます。

 

03.03.24

A&Vヴィレッジに連載開始と「高橋和正の音の歴訪」取材

大変紹介が遅くなりましたが、すでに若井氏がメッセージボード「休憩時間」で紹介されているように、雑誌「A&Vヴィレッジ」に3月号より連載を開始しました。隔月誌で、この次の5月号の原稿を昨日送付したばかりです。
A&Vヴィレッジ掲載は若井氏の進言がきっかけになりました。ラジオ技術誌は専門誌過ぎるので、もっと多くの音楽ファンが読んでいるA&Vヴィレッジ辺りに取り上げてもらったらどうかというものでした。それまでこの雑誌を読んだことがなかったので早速手にしてみると、高橋和正氏がメインライターのお一人になっていました。11月におじゃましたときにこんな話があると話したら、翌日電話があって、OKの話がついたから書いてくださいと、とんとん拍子で話が進んでしまいました。
その高橋氏から今月始め電話があって「取材させて欲しい」「エッ!!」。大変恐れ多い話だとやんわりお断りしようかと思ったら「迷惑か?」とおっしゃる。大変お世話になっている高橋さんを迷惑を理由にお断りするわけにも行かず承諾しました。3日後には取材に見えると言う身の軽さで、取材と言うより、雑談をしてお帰りになったと言ったら失礼になるが、楽しくお話をしているうちに終りになりました。あれで取材記事になるのかな?と内心心配です。果たしてどんな風に紹介されるのでしょうか?

 

03.11.14

ダイナベクター社試聴室での「平本式」デモ

メッセージボード「休憩時間」に、若井氏が拙宅での試聴記を投稿しておられます。同氏は「これだけいい音がするのだから、もっと広くPRするべきだ。音楽をより楽しく聴きたいと思っている人は沢山いるのだから・・・」と提言されました。
ラジオ技術10月号に投稿した際、編集部より拙宅のシステムを外に持ち出せないかとのお話も頂きましたが、さすがにこれには尻込みしました。作業自体が大変だし、何よりも他の場所で拙宅と同じ音響効果が得られるか、まるっきり自信がなかったからです。
それでは平本システムは井の蛙システムか?と言われると辛いものがあり、ここは他環境でも平本式の音場効果が得られるのかテストしてみる必要があるとの思いが強くなりました。そこで、ご本家のダイナベクター社に相談してみると、同社試聴室でテストしてもよいとの承諾を得ました。
同社の試聴室は拙宅の数倍の広さがあり、果たしてどうかな?という不安の中で音出しをし、バランス調整をして行くと、意外とあっさり、拙宅での感触に近い音が出るようになりました。勿論プレーヤー、アンプ、スピーカーが違い、部屋の残響特性が違うので(拙宅のデッドな響き対しややライブ気味)、拙宅と同じ響きと言うわけにはいきませんが、それなりにクリアな音像と豊かな響きが得られるようになりました。考えていたより「あっさり」で、これなら多くの愛好家の方々が、平本式に挑戦されても旨く行くのではないかと思えるようになりました。
メインスピーカーは高橋和正氏の小型2ウェイユニウェーブスピーカーで、「オーケストラを聴くにはどうかな?」と言う多少の不安もあったのですが、どうして、どうして、実に見事に大音量でも破綻することなく朗々と鳴ってくれました。音の分解能は「さすがユニウェーブ・・・」と言えるさわやかさです。
同社も平本式には注目しておられるため、お客様のご希望があれば、平本式をデモしてもよい、との便宜を図っていただけることになりました。早速「休憩時間」にその旨掲示しました。
平本システムに半信半疑の方は、是非ダイナベクター社にお立ち寄りになって、心行くまで実演感触をご確認ください。

 

03.07.28

フロント・サブスピーカーのレイアウト変更

フロント・サブスピーカーの内、部屋の側面に取り付けているスピーカー(フロント・サブSP(M))は、当初前方へ、次に部屋の中央に向けるレイアウトにしていましたが、今般、さらに角度を変え、リスナーの方へ向けました。これにより、音像がより明確になり、全体的に音の抜けが改善され、自然さがより増しました。
スーパーステレオの開発者である冨成博士は、前方に向け、間接音により音場を創るとのお考えでしたが、平本式では、完全にリスナーの方に向けると言う大方針転換をしているわけです。ことのきっかけは、3人の方が一度に試聴に見えられ、センターシートでの音質に対し、両横のシートでの音質の見劣りが激しい、この原因は何なのだろうか?です。考えられることは、フロントのサイドSPのサービスエリアの問題ではないかと検討をつけ、リスナーの方に向けてバランスを取り直したら、見事にこれが当たった次第です。音質の向上とサービスエリアの向上と言う、一石二鳥の効果がありました。
思えば私のようなデッドな部屋で、間接音(部屋の反射音)に期待すると言うことに無理があるわけです。サブチャンネルの音も、楽音としてバランスの取れた音です。決して妙な音ではないわけですから、リスナーの方に向けても差し障りがなかったと言う次第です。恐らく、間接音に比し、高域の減衰が少ないために、音像が明瞭になるのだと思います。

 

03.07.13

フォルテピアノ演奏会

03.5.31 津田ホール。インマゼールによるベートーヴェンの1番から4番までのピアノソナタ演奏会です。使用楽器はA.ワルターのレプリカです。日本ベーゼンドルファーの展示室にあるワルターと同型のものです。日本ベーゼンドルファーの展示品は鍵盤が黒色ですが、当日の演奏会に使用されたフォルテピアノは白鍵と言う僅かな違いはありましたが、ペダルを膝で押し上げる形式は同じでした。
以上のようにこの夜の使用楽器は、私にとっては親しみ(?)のある楽器でしたが、驚いたのは、ステージ上でのその配置です。ホールに入った途端「あれ?」。
ピアノの演奏会ではピアノの左側の側面が、ステージの前縁と平行になるように、つまり鍵盤がステージの前縁と直角になるように置かれるのが常ですが、この夜のフォルテピアノは約15度ばかり、時計方向に回転させて置かれていました。したがって鍵盤が見えるのは、前席の左端の席の方のみと言うことになります。
この奇抜な配置にビックリしたと言うのではなく、「一体誰の意見でこのような配置にしたのだろう?」と疑問が沸いたからです。実はこの配置の提唱者が前回の休憩室で紹介した石川雅子さんだからです。もう10年も前から、ピアノはどの位置で聴いたとき、もっともいい音がするか?と言う問題に取り組まれ、「低弦側の脚と、右側の響板のくびれたところを結ぶ線上で聴いたとき最もよい音がする」と発表されています。このときの音を「ダイレクトトーン」と命名されています。
今年の3月にはホールを借り切って、これの実証実験をされました。自らはステージ上でベーゼンドルファーのセミグランドを演奏され、聴衆に客席内を自由に動いてもらい、どの位置で聴いた音が一番いいかを試してもらうと言うものです。私もこの実験に参加させていただきましたが、結果は断然前方右側の席で聴いたときの音が優れていることがわかりました。今までピアノ演奏会では、鍵盤の見える位置、すなわち左側の席を求めるのが常でしたが、音の点から言うとこれは全く逆で、純粋に音楽を「聴く」ということであれば、右側で聴くべきであることを知りました。当日の模様は「ムジカノーヴァ」5月号、「音楽の友」6月号に紹介されています。
石川さんによると、「サービスエリアを広くするには30度時計回りに回転させた状態にピアノを置くのが良い。しかしこの配置では、弾く方にとっては、壁への反射の状況が違うために、響きの感じに違和感があり、弾きにくい。」とのことでした。
以上のように、インマゼールが何も奇をてらって回転させて置いたのではないことは明らかです。石川論により誰かがインマゼールに提案したのかも知れません。こうした古楽器は、音量が小さいので、ダイレクトトーンのサービスエリアを拡大させるためには大変良い方法だと思います。当日の私の席は前から4列目で、中央ブロックの右よりでした。音量不足もなくフォルテピアノの演奏を満喫しました。
東京公演に先立って、大阪のいずみホールで演奏会がもたれていますが、このときは回転配置は採用されていなかったと聞きました。したがってインマゼール自身の発想で回転配置を実施したのではないでしょう。はたして、この配置に踏み切らせたのは誰なのか興味あるところです。

 

03.05.07

アンティーク・ピアノ・コレクション

サッカーのジュビロで名前を知られた静岡県磐田市に、日本ベーゼンドルファーの本社があります。このショールームの一角に「アンティーク・ピアノ・コレクション展示室」があります。故吉澤孝二社長が「ショパンもバッハも当時の音で聴きたい」との思いで集められたクラシック・ピアノが60数台。質、量ともに世界一と評価が高いそうです。この膨大な収集品の中から10数台のピアノが常設展示されています。ヨーロッパの博物館にもクラシック・ピアノは結構展示されているそうですが音はイヤホーンで聴くしかないそうです。しかし、ここでは実際にキーを叩いて、音を聴くことができます。
4月12日。この展示室で石川雅子ミュージックアカデミー主宰の石川雅子先生によるレクチャー・コンサートが行われました。レクチャーの合間、合間に弾かれたアンティーク・ピアノは7台。最初はA.ワルター(レプリカ)で、モーツァルトのピアノ曲です。非常にチェンバロに近い音色で、モーツァルトが軽快に、ポツポツと音を切った演奏をしていたと言うのもこの楽器の音を聴いてみるとよく理解できます。
これに対しベートーヴェンが、レガート、カンタービレ奏法を導入し、ピアノ音楽の表現力を深めていったと言うのもよく理解できます。晩年に現代のピアノに近いエラールを贈呈され、これであの「熱情」が作曲されたと言う話を聴くと、この時代の音楽は、楽器の進歩と一身同体で作曲が行われていたことがよくわかりました。
ショパンが弾いていたプレイエルでは、内蓋が用意されており、ノクターンの演奏で内蓋ありとなしの音色比較をすると言う、誠に貴重な体験をすることができました。内蓋は低弦側にのみ用意されており、高音パートを浮き上がらせるために用いられたものと思われます。
休憩時間を利用して、現代ピアノの最高峰ベーゼンドルファー・インペリアルでベートーヴェンの「悲愴」の第2楽章が演奏され、カンタービレ奏法の真髄を味わうことができました。誠に贅沢で幸せなひと時でした。
このような企画をされた石川雅子さん、会場提供をされた日本ベーゼンドルファーさんに感謝の意を込めて、拍手、拍手。
(上記コレクションは、事前に予約すれば見学が可能とのことです。)

 

03.01.16

SoundForgeによる位相合わせ

著名なオーディオ評論家であり、ユニウェーブスピーカの開発者である高橋和正氏のお宅で、ユニウェーブスピーカをたっぷりと聴かせていただいたお陰で、私のスピーカシステムに問題があることがはっきりしました。ホーンは歯切れがいいと言われていたのに、ユニウェーブに比べると、歯切れが鈍い感じがしたのです。聴感による位相合わせに限界を感じ、SoundForgeと言う波形編集ソフトでスピーカからの再生波形を把握し、これを解析して位相調整を行いました。この作業で、改めてホーンスピーカーが難しい問題を抱えていることを知りました。詳細は本文を見てください。少々強引な位相合わせでしたが、位相調整後はとても同じユニットから発せられる音とは思えないほどの良好な音が聴けるようになりました。
2チャンネル再生では、再生音がスピーカ周りにまとわり付いて、視覚で言うと双眼鏡で覗いたときのような視野の狭さが感じられます。これを私は「音場スコープ」と名づけました。2チャンネル再生の宿命と思っていましたがSoundForgeで位相調整を行ったら、この音場スコープが消えてしまいました。2チャンネル再生でも、音場が良好に再生されると、再生音はスピーカの束縛から逃れ、伸び伸びと鳴ることがわかりました。
しかし、いかに良好な音場が再生されても、2チャンネルの音場は平板的で違和感があります。そして、3D音場を付加したとき、目の前に実演さながらの音場が展開し、生演奏を聴いているときのような感動を得ることがわかりました。
「機器構成」ページにSoudForgeを使った測定および調整法を追記しましたので、是非挑戦してみてください。

 

02.10.20

これでいいのか?アラーニャ

02.09.25 横浜みなとみらいホール。ゲオルギューとアラーニャ・デュオ・コンサートの初日公演です。エリザベス女王の即位50周年記念コンサートに招かれたカップルとして話題になりました。「オペラ界の奇蹟」ともてはやされており、期待の膨らむ演奏会です。
座席は前から6列目、中央やや左、文字通り演奏者の真正面で、これ以上の席はないと思われる絶好のポジションです。アラーニャの歌声・・・評判通り素晴らしい響きを持った声で、さすが、ポスト3大テノールと言われるだけのことはあるとの第一印象です。目の前7〜8mで聴くと、微妙な声のニュアンスを余すところなく聴きとることができ、正真正銘の美声であることが確認できました。
次にゲオルギューですが、第一声を聴いてUm??? 声量はあるものの声がかすかにハスキーで、ソプラノ独特の澄んだ透明な輝きがありません。ポピュラーの歌手ならハスキーも魅力的ですが、クラシックでハスキーは頂けません。濁った感じの声質は聴いていて楽しいものではありません。
アラーニャのソロをもっと聴きたいと思いましたが、わずか2曲しかプログラムされていません。期待の「衣裳をつけろ」は熱唱で、彼の実力の片鱗を見せてくれました。会場もこの日一番の沸きようでした。この調子で3〜4曲続けると、会場は興奮のルツボになってくるのではないかと思われたのですが、次に現れたのがゲオルギューで、折角盛り上がった気分をぶち壊してしまいました。残念でなりません。
次第に、アラーニャはなぜこんなデュオに精を出しているのだろう?と言う疑問が沸いてきました。舞台で女房とデレデレとじゃれ合ってみたり、踊ってみたり、キスをして見せたり。一体これが彼の評価をあげるのに役立っていると思っているのだろうか?これでは、まるでパフォーマンス歌手として、評判を得ようとしているだけではないか?アラーニャの実力とゲオルギューの実力を比較すると、明らかにゲオルギューの方が落ちます。これでは女房の出番を作るためにわざわざデュオの企画をしているのではないか?とさえ思えます。
私は、1日も早くゲオルギューと手を切って(離婚せよと言う意味ではありませんよ)、単独で舞台公演をするように希望します。3大テノールには、実力の他に、身に染み付いた風格と威厳があります。アラーニャには、この風格と威厳の点で3大テノールの足元にも及びません。パフォーマンスでの人気は、地に付いた人気とは言えません。早く目覚めて欲しいものです。
私は二度とこのようなデュオを聴きに行く気にはなりません。料金が高かった割には感動の薄い演奏会でした。カレーラスのリサイタルは、今回より1割ほど料金が高かったのですが、与えてくれた感動は10倍以上のものがありました。身体中が熱くなるのを感じ、会場は沸きに沸きました。これこそ本当の芸の力です。
アラーニャがポスト3大テノールの一人と騒がれる割には、空席が目立ちました。早く自立して、その実力をたっぷりと味わせて欲しいものです。

 

02.09.23

コロラトゥーラの女王“グルベローヴァ”!!

02.06.11 東京文化会館。ボローニャ歌劇場公演/「清教徒」打ち上げ公演。演奏が終わってカーテンコールが15分間続きました。素晴らしいグルベローヴァの歌声に酔いしれていました。
2月のサッバティーニの公演のとき、チラシを見て「世界一のソプラノが来る。聴きたいな〜!」と嘆声をあげました。数日して妻が「そんなに行きたいんなら、誕生日祝いとしてチケット代を出してあげる」と・・・。世の中、何が起こるかわからないもので、こうして高額のため諦めていた演奏会に行けることになりました。妻に感謝です。
折角だからS席をとりたいと調べてみると、なんと、1階左ブロック前から3列目の中央に空席がありました。オペラではオケピットがあるので、前から3列目と言うのはとてつもない上席です。8倍の双眼鏡を持参しましたが、肉眼で十分表情をうかがえるため、使わずじまいです。それに左側と言うのは、カーテンコールに出てきたとき、丁度真正面で挨拶してくれると言うおまけ付きです。
ベルカント・オペラの最高峰「清教徒」は歌える歌手が滅多にいないので、聴く機会はわずかしかありません。なんといってもテノールが大変です。「ハイC」をはるかに超えて「ハイF」が出てきます。聴かせどころでは長い長い「ハイD」があります。今回は2月に聴いたサッバティーニがアルトゥーロを努めます。この陽気なイタリアンもこの役を歌うのには大変な精神的負担を伴うようで、この役をやるのはこれで最後にすると言っています。先輩歌手がこの役をやらないと決めたときから眠れるようになったと言っていたそうで、自分も早くそうなりたいと・・・・。
サッバティーニの声は少し細めですが、この難曲を歌うにはこうした声質のテノールでしかこなせないでしょう。サッバティーニは破綻せずによく聴かせてくれました。
この公演の最大の目玉はグルベローヴァ。チラシの写真は娘時代の写真が使われていましたが、今年で59歳になります。この歳であの難しいコロラトゥーラがきちんと歌えるのかな?との微かな不安がありましたが、公演が始まってみると、その技巧は完璧でありました。声量も申し分なく非常にダイナミックレンジの広い歌声でした。やや難があるとすれば、ベルカント・オペラにしては、やや声質が硬いかな?と言ったところでしょう。しかし、そんな些細なことはどうでもいい。30年間守り続けているその美声には、ただ、ただ脱帽するばかりでした。ありがとう、グルベローヴァ!!

02.09.01

3大テノール演奏会

02.7.27 横浜アリーナ。言わずと知れた「3大テノール・ラスト・コンサート・イン・ジャパン2002」と銘打った演奏会です。これまで2度、日本で3大テノール演奏会が行われていますが、その都度「スピーカーで聴く演奏会なんて・・・」と食指が動きませんでした。が、今回は「ラスト」の文字にひかれて出向くことにしました。パバロッティの歌もこれで最後だろうから・・・
インターネットで、用意ドンでチケットを取りました。一番安いC席。とは言っても限りなくB席に近いC席です。でもステージまでは40〜50mありましたかね。
最初はオーケストラの演奏で始まりました。出だしの音を聴いて「ギョッ!」です。ある程度覚悟はしていたものの、PAスピーカーの音がここまで悪いとは思っていませんでした。オーケストラを聴くには耳を覆いたくなるほどのひどい音質です。
歌が始まりましたが、どうも耳に馴染みません。しかし、時間が経つにつれて、このひどい音質でも、それは、それなりに耳が慣れてきましたから、人間の耳と言うのは恐ろしい機能を持っているものだと思いました。そうした中でパバロッティの出番です。さすがに巨体をゆすって歩く姿に歳が感じられました。この時点で66歳。良くテノールとして歌っているものだと感心しますが、聴かせどころの高音でふらつきがあり、「文字通り、パバロッティの最後の公演だな」と感じさせるものがありました。2曲目も不安定さが一瞬顔を見せ、「どうか破綻しないでこのまま無事に歌って欲しい」と言う祈るような気持ちになりました。思いが通じたのか、耳が寛容になったのか、その後はハッとせずに済みました。
「華」のパバロッティ、「剛」のドミンゴ、「柔」のカレーラス、と私は勝手に位置付けていますが、66歳とは言え、パバロッティの声にはなお透明さと輝きが感じられました。「泣かないお前」ではトリをとってサビの部分を聴かせてくれましたが、音は「A」です。「ハイCの男」と呼ばれ、全盛期に録音を残していますがこの時の音は、まさしく「ハイC」です。火の出るような熱気がほとばしる歌いぶりで、聴いている方も体が熱くなるほどのものでした。それと比較しては気の毒ではありますが、歌手としては本当にこれで終焉だなと思わせました。ご苦労さんでした。
8月25日、NHK-BSでビデオが放送されました。音楽を落ち着いて聴くには、こちらの方が余程楽しめます。
それにしても会場はひどかったです。演奏会と言うより「催しもの」と言った方がいいほどのものですから、ミーチャン、ハーチャンが駆けつけるのも仕方がありません。なんと演奏中に、フラッシュがあちこちで光るのですから。勿論場内撮影禁止です。自分さえよければ・・・と言うジコチュウがクラシックの演奏会に現れるのだけは、ご遠慮願いたいものです。

ドミンゴ61歳。まだ数年はいけますか。カレーラス55歳。まだまだ頑張ってください。

02.08.11

まだまだ多いマルチチャンネル懐疑論

オーディオ愛好家の中には、マルチチャンネル再生に懐疑的な人が多数います。いや、殆どの方が何らかの懸念をお持ちだと思います。そうした方々のお話を伺っていると、次の二つの派に分かれるようです。
@ ソース懐疑派
A ソース尊重派
ソース懐疑派の方々の主張は「再生音楽で生演奏を追い求めるのはナンセンスだ。マスタリングの段階で各種の音がミックスされ、中には電気的にエコーをかけられることもあるそうだ。そうした得体の知れないソースから、生演奏が追求できる訳はない。だから2チャンネル再生で自分の好きな音を探し求めれば、それで十分だ」と言う主張です。乱暴に言えば“音造り派”と言えましょうか?
ソース尊重派の方々のご意見は「マスタリング段階で、モニタースピーカーを頼りにベストのミキシングが行われている。2チャンネル再生でベストになるように調整されているのだから、それにディレイを掛けた音をさらに付加すれば、悪くなることはあっても、良くなることは有り得ない。残響で化粧をした個性的な音を聴いて楽しんでいるだけだろう」。
何れも、ご尤もな意見です。他にも別の理由をお持ちの方は、是非「休憩時間」にて、意見発表をしていただけたらと思います。
ソース懐疑派の方が音造りに入られるのは、趣味の世界の問題ですから、他人がとやかく言う問題ではありません。
ソース尊重派の方々とは議論の余地がありそうです。先ず、モニタースピーカーでのモニターが最良の再生方法なのか?と言う問題です。私が思うには、他に方法がないから、過去の経験と照らし合わせて、モニタースピーカーの音を参考に職人芸でミキシングをやっておられると言うのが実態ではないでしょうか?
理由はどうであれ、平本式で聴けば「自然な音がする」です。ソースの中には怪しいものもありますから、全部が全部自然に響くとは申しませんが、大半のディスクは2チャンネルで聴くよりは自然な響きがします。つまり生演奏に近づいた音がします。
「自然な響き」とは何か?と問われれば、演奏者と同じ空間で聴いている感じ、目の前で演奏が行われている感じと言えましょう。
演奏会によく行かれる方々は、2チャンネル再生が「缶詰の音」であり、生演奏とは違和感があることをよくご承知でしょう。この違和感を取り除くには3D音場の再生しかないと言うのが私の持論です。「演奏者と同じ空間に居る」と言う感触が、音楽の感性を伝えるのに極めて有用な手段であることは、体験されればすぐに理解できます。
しかし、3D音場を体験された方は、ほんの僅かの方々に限られています。殆どの方は頭の中で想像することさえ困難でしょう。
そうした中で、「休憩時間」に寺田勝巳さんが投稿されました。私の全く存じ上げない方です。文面からは音楽を聴く喜びがひしひしと伝わってきます。多くの方が疑心暗鬼のマルチチャンネル再生方式を、思い切って導入された“勇気”は賞賛に値します。第2、第3の寺田さんが登場されることを大いに期待します。

02.05.29

熱演! ホセ・カレーラス

昨年11月、サントリーホールにてホセ・カレーラスを聴きました。ピアノ伴奏による追加公演です。プログラムを見ると、私が知っている曲は「カロミオベン」のみでした。イタリア歌曲中心にカンツォーネを交えた構成で全16曲。大枚叩いてS席、前から7列目、中央ブロックの右端でした。
最初は緊張気味にスタートした演奏会でしたが、休憩を挟んで後半になるとカレーラスの声も十分に出るようになり、美しいメロディと情熱の歌声で、会場が次第に熱気を帯びて来ました。歌い終わるのを待ちきれずにウォー!とばかりの拍手です。アンコールになると熱気は最高潮に達し、後席の人たちが前に押し寄せ通路に座り込みます。1曲毎に総立ち。手を高く挙げて拍手拍手。歓声。ご婦人方の興奮ぶりも凄い。「カタリ、カタリ」や「帰れソレントヘ」が飛び出してもアンコールはまだ終わりません。6曲目だったと思いますが「川の流れのように」が出てきて、これでジ・エンドと思ったらまだありました。今度こそ終わりだろうと帰り始めたら、さらに1曲。慌てて席に戻りました。
こんなに聴衆が熱狂するクラシックの演奏会は初めてでした。生身の体からほとばしり出る美声は生理的に聴く者の胸を熱くさせます。高い料金でしたが、これだけの感動を得た後は、高いという気持ちは何所かにすっとんでしまいました。興奮した身体に夜風が心地よかったです。
白血病から見事に蘇り、素晴らしい歌声を披露してくれたカレーラス。56歳。今が心技ともにピークでしょう。来月は3大テノールでの再会ですが、今度はマイクですからあの感動は望めません。一番安いC席にしました。ご老体のパバロッティの聴き収めになるでしょう。頑張れカレーラス!

 

02.05.06

生演奏の音がしない生演奏


先月リディア・バイチと言う若き女性ヴァイオリニストのリサイタルを聴きに、横浜みなとみらいホールに行きました。チケットを求めた際、後の方か、左右の2階席しか残っていないと言うので、座席表を見て2階左側の席を購入しました。1階最前列の真横になります。偶然にも、サントリーホールで樫本大進を聴いた席番と同じで、LB2−4です。ここならバイオリンの演奏を聴くには支障はないと思っていたのですが、当日会場に行って驚きました。何とその席は座席表に示されている位置より5〜6席分前方に寄っていて、完全にステージ横です。嫌な予感がしました。
リサイタルだと言うのに譜面台がおいてあります。客席正面より左に60度ばかり振った方向にセットしてあります。演奏者が出てきて、ヴァイオリンを構えると、何とヴァイオリンが見えません。そうです、演奏者の首と肩の陰に完全に隠れているのです。これではハイカットフィルター付きの音です。聴こえてくる音は、3ウェイスピーカーシステムのトゥイータがいかれている時の音と同じです。
彼女が構えるヴァイオリンの棹の方向は、正面から110度左回転した位置が定位置です。右に触れたときは80度、左に触れた時は実に190度になることがあります。恐らく1階左側の前方の方々もハイカット音を聴く羽目になったと思います。客席に向かって弾くというより、ピアノ伴奏をしている母親とレッスンをしている感じです。プロの演奏家なら音響のイロハぐらい勉強しておいて欲しいと思いました。
休憩時間に、1階の前から4列目の右端の席に移動しました。この近辺の席はガラ空きだったのです。この席で漸くガルネリの輝かしい音を聴くことができました。しかし、演奏は淡白で、盛り上がりの薄い演奏会でした。後日みなとみらいホール宛にに座席表の不備を指摘するメールを出したら、「修正する」との返信がありました。

 

02.03.31

演奏者の発声雑音

 先日フェドセーエフ指揮のウィーン交響楽団の演奏会に行ってきました。席がサントリーホールの左側2階席のステージ横でした。丁度、1階中央最前列の真横になります。S席で聴くのとでは、随分違った感触で聴けて、いい体験をしました。
 その中の一つに”指揮者の唸り声”があります。練習場面のビデオなどを見ていると、指揮者がメロディを一緒に歌ったり、掛け声をかけたりしていますが、この日のフェドセーエフは本番でこれをやっていました。ここぞと言うときに第1ヴァイオリンの方を向いて「ッど〜」と唸っているのです。最初は誰かが咳払いをしたのかと思っていましたが、やがて、指揮者自身が発していることが良くわかりました。ヴァイオリン・ソロの樫本大進君も、すぐ側でこれをやられてびっくりしたことでしょう。
 ”声雑音”と言うと何と言ってもグレン・グールドのゴールドベルク変奏曲でしょう。まだ、私のシステムのクォリティが高くなかった頃は、「時々唸っているな」程度にしか聞こえませんでしたが、現在のシステムで聞くと、初っ端から歌い始め、ほぼ全域で歌いっぱなしであることがわかります。この鼻歌はどう聞いても耳障りですから、聞こえない方がいいのですが、耳障りになるほどはっきり聞こえるということは、それだけシステムのクォリティが高くなったと思って諦めざるを得ません。

 

02.02.25

2002ウィーンフィルニューイヤーコンサート

 今年のウィーンフィルのニューイヤーコンサートは素晴らしかったです。小澤征爾の指揮振りは、例によって表情タップリで、見ているだけでも楽しめます。ボディランゲージ豊かな指揮者としては屈指ではないでしょうか?
 演奏は期待通り素晴らしかったのですが、それにも増して、BS放送のBモードステレオの音が素晴らしかったです。DATでディジタル録音したのですが、何度聴いても大変良い出来です。
 ライブ放送とあって、音場成分の取り込みは抑えてあり、かなり近接マイクで拾っているようです。ムジークフェライザールの長い残響から逃れているため各楽器がくっきりと浮かび上がってきます。生で聴くと長い残響に邪魔されて、細かいパッセージが聴き取れないとの話も耳にしますが、この放送の音は誠にクリアで爽快感溢れる音です。
 それ故にCDの音に大いに期待したのですが、これはがっかりでした。音が濁って聴こえます。録音で飯を食っている方の音が放送の音より悪いなどとは夢にも思っていませんでした。その内腹が立ってきて、ラジオ技術にウップンをぶつけました。
 編集部の方は「現行の録音方式で十分いい音が得られる。超音波は不要」の方に視点が行ったようでタイトルも修正されましたが、確かにこれも大きな課題です。本当に超音波領域まで再生すればいい音がするのか?極めて疑問です。
 改めてラジオ技術には投書するつもりですが、いい音を聴くにはスーパーステレオで立体音場を再生させること。これに尽きると思います。

 

 戻る

ホーム ] 3D音場 ] システム構成 ] リスニングルーム ] セッティング ] PCオーディオ ] 立体音像 ] 憩の広場 ]

06.01.06 パノハカルテット in 朝日ホール
 

最終更新日 2016/12/15  (→更新履歴)    

当サイト記載内容の無断転用はご遠慮ください。