Q & A

 

Q1. フロントのサブスピーカーを、メーカー指導の壁面反射型にしないのは何故ですか?
A1. スーパーステレオの研究を始めた当初は、会場の雰囲気を再現することを目標にしていましたが、サブスピーカーの音量を増すにつれて、メインの音にかぶりが生じてきて、明瞭度が失われます。反射音では高域の損失が大きいからだと考えられます。
途中から方針を変えて、「立体音像の再生」に目的を絞りました。クリアの音像のためには、対面型の方が優れていることを確認しました。
Q2. 特殊なアッテネーターを使わないで、システムを構築するにはどうすればいいですか?
A2.

メインアンプとセパレートできるプリアンプがあれば、本システムと同様のシステムが構築できます。

システム構築に当たっては、全体の音量調整をどこでやるかを、先ず考えなくてはなりません。一つはプリアンプ側、もう一つはSSP側です。
できるだけメインシステムには手をつけたくない場合は、プリアンプ出力を分岐してSSPに送りこみます。予備出力端子があれば、そこからつなぎこみます。音量調整はプリアンプで行います。
分岐ができない場合は、プリアンプ出力を一旦SSPにつなぎ込み、MONITOR出力をメインアンプにつなぎこみます。この場合MONITOR出力はバッファーアンプ経由となりますから、メインシステムの純粋性は失われます。

SSP側で音量調整するのであれば、システム構築は簡単です。プリアンプの出力をSSPにつなぎ込み、FRONT MAIN出力をパワーアンプにつなぎこみます。
プリアンプなしで、CDプレーヤー等の機器をSSPに直接つなぎこむこともできます。この場合の入力は2系統までです。

Q3. サブスピーカーは天井近くに取り付けないとダメでしょうか?
A3. 特にリアは天井近くに取り付けることをお勧めします。私も当初は部屋のレイアウトの関係で耳の高さのレベルに取り付けていましたが、少し音量をあげるとリアスピーカーの存在が気になります。
セッティングのページで述べたように、高い位置に取り付けると、演奏会場の天井の高さが感じ取れ、大きな空間としての3次元音場が再現されます。
Q4. リアスピーカーにはできるだけ性能の良い、メインスピーカー並みのスピーカーを用意した方が低音が出やすいのではないですか?
A4. メーカーではフロントサブは5〜10cm、リアサブは10〜13cmを推奨しています。あまり大きなスピーカーを使用すると低音が出すぎると注告しています。
私のリアスピーカーは16cmですが、少し音量をあげるとコントラバス等が異常に大きな音に聞こえて不自然です。また、重量が6.5kgにも及び、一般的には天井に取り付けることに不安があるでしょう。私の場合はリフォームの際、取り付け部分の天井裏を補強してもらっています。
Q5. 「低音が出る」とは、トーンコントロールのローをブーストしたようなもので、却って不自然な音量バランスで聴いているのではないですか?
A5. これは単なる音圧の問題ではなく、質感の変化の方が大きいです。太く拡がりを持った感じになります。響き方が違うと言った方がわかりやすいでしょうか。弾力性のある音がします。
聴こえにくかった低音が、響きを与えられてはっきり聴き取れるようになったと考えてください。印象的には”出なかった低音が出るようになった”と感じます。
結果として低音部が増強された感じにはなります。2チャンネル再生時の低音バランスが聴感上も正しいと言う前提であれば、スーパーステレオはバランスを崩した聴き方と言うことになります。しかし、多くの場合、スーパーステレオでのバランスの方が自然に聴こえます。
Q6. 「マルチチャンネル再生は、音像がボケる」とか「音の抜けが悪くなる」と言った印象が強いのですが、そのようなことはないのでしょうか?
A6. スーパーステレオではそのようなことはありません。立体音像が出現したとき、標準ステレオで聴くよりは、はるかに明瞭な音を聴くことができます。pppからfffまで聴感上のダイナミックレンジが拡がります。pppがよく聴き取れるということは、音の明瞭度があがった何よりの証です。また、fffがより強く感じるのは、人の感性として、一方向から音が聞こえたときと、音に囲まれたときに感じる感性が異なると言うことでしょう。実際に体験してみると、これは理屈ではなく、生理的なものであることがわかります。
Q7. 立体音像と言いますが、前後や高さの感じもわかるのでしょうか?
A7. ソースによりバラツキはありますが、いいソースでは明確にわかります。コンサートマスターの弾くヴァイオリンソロはステージの最前面に聞こえ、ティンパニは最後方にいるのだなと言うのが一聴してわかります。管楽器が中間位置に居ます。
さらに、コーラス付きの場合は、その後ろのひな壇に陣取っているのがうかがい知れます。そんなことはないだろうと自分に言い聞かせながら聴いていても、やはりひな壇にいるように聞こえてしまいます。
とは言っても、ホール中央辺りで聴いたとき、ステージ上の楽器の前後の感覚が正確に掴めるかと言うと、細かい位置関係はわからないのと同様に、視覚で認知するほどの正確さはありません。
響きの良いホールや教会の場合は、天井の高さを感じとることができます。
誤解のないように申し添えますが、前後とは、ステージ上の前後であって、リスニングポジションの前後を意味しているわけではありません。
Q8. 1曲ごとに、細かくバランス調整しなくてはならないのではないでしょうか?
A8.

チューニングの際はいろいろなジャンルの曲を聴いて調整しますが、一旦調整が定まると、曲ごとの調整は行っていません。
ただし、演奏会場の広さを想定してモード選択はします。フルオーケストラの場合はモード2、それ以外はモード1で使用しています。これもメーカー推奨とは大分異なっています。(3,4は使用しません)
教会でのオルガン演奏は長い残響を伴いますが、モード1で十分立体音像を体感できます。

Q9. 音場成分が殆ど含まれていない録音の場合、どのように聴こえるのでしょうか?
A9. スーパーステレオは、音源に含まれている音場情報をリスニングルーム内に配するものですから、ニュース放送等の音場成分を含まない音源に対しては旨く対応できません。余計な付帯音がついた感じになります。
このような録音に巡り逢わした場合は、標準ステレオと聴き比べてみます。切り替えはリモコンを使ってワンタッチでできます。
音場成分が殆ど含まれていないときは、概して標準ステレオの方がクリアです。音場成分を含んでいないので、異次元空間をつなぎ合わせたと言う感じもしません。
スーパーステレオはホールの音場を再現する目的で開発されたものですから、音場を含んでいないソースは立体音像の対象外になります。
超近接録音はリスニングルーム内に楽器を持ち込むことが目的です。スーパーステレオはリスニングルームを擬似ホールにしようとするもので、両者は音楽の再生目的が異なっていることを理解してください。

 戻る