立体音像

ホーム 3D音場 システム構成 リスニングルーム セッティング PCオーディオ 立体音像 憩の広場

 

臨場感

低音再生

ダイナミックレンジ

立体音像

聴感満足度

 

管弦樂曲

オーケストラ+コーラス

弦楽合奏曲

ピアノ五重奏曲

ピアノ独奏曲

ヴァイオリン独奏曲

チェロ独奏曲

独唱曲

合唱曲

オルガン曲

 

 

 1.3D音場効果

 臨場感 

 音楽鑑賞時は部屋を暗くします。明るい状態だと、脳がコンサートホール環境に入るのを拒否します。同じ音が出ていても、感性が驚くほど異なります。

 3次元音場が再生されると、 目の前にコーンサートホールの空間が出現します。メインスピーカーの間隔一杯にオーケストラの楽器音像が展開し、さらに奥深いステージ上に配置された楽器群の奥行きが、はっきりと感じ取れます。

 ナマ演奏では楽器の響きが、空間に飛び散っているのがわかりますが、HSSで再現した3D音場は、この感覚を見事に再現してくれます。これまでに世の中に登場した再生システムの中で、この感覚が再現できるのは唯一HSSのみです。まさに実像出現です。

 オーケストラ以外の楽器演奏では、収録した録音状況に応じて、実に鮮明な音像が出現します。不自然な残響が付加されることはありません。HSSによる3D音場は残響を付けて響きをよくすると言う理屈ではなく、収録時の環境を再現する働きをしています。残響の程度は、収録された残響の程度に従います。

 標準ステレオは、現実のリスニング空間と、スピーカーの後ろに出来る仮想演奏空間とをつなぎ合わせて、つまり二つの異次元の空間を組み合わせて聴いているため、いかに機器のクォリティをあげようと、自然には聴こえません。HSSで聴いてみると標準ステレオがいかに不自然な再生方式であるかがわかります。

 5.1チャンネル再生は、標準ステレオに比べればまだマシですが、前方空間での音場再生が不十分で実像再生には至りません。HSSで5.1チャンネルをはるかに凌ぐ空間表現が出来ることが証明された現在、5.1チャンネルは、ピュアオーディオにとっては無用の長物といえましょう。今後はAV世界でのサラウンド再生に 活路を求めることになるでしょう。 いや、サラウンド再生用の方式を、安易にピュアオーディオの世界に持ち込んだだけですから、「元に戻す」と言った方が正しいです。

 低音再生

 HSSでは低音がよく出ます。しかも質感が自然です。言葉だけで伝えることは、なかなか難しいことですが、標準ステレオで聴こえてくる低音とは本質的に質感が異なります。実際の演奏会を聴きに行かれる方は感じておられると思いますが、通常のステレオ再生で最も異質に思えるのは低音の質感です。実演ではド〜ンと弾力性が感じられる低音が、標準ステレオ再生では、圧迫されたような硬い音に聴こえます。 HSSでは、実演さながらに弾力性が感じられます。

 弦の低音もさることながら、ティンパニーが一発鳴り響いただけで、標準ステレオとは別世界の音であることを悟ります。これこそ実演の音だと膝を叩くことになります。

 さらに低音の雄パイプオルガンに関しては、後述の試聴記のように、標準ステレオでは逆立ちしても叶わないほどの圧倒的な違いがあります。

 

 ダイナミックレンジ

 3D音場再生の効果はさらにあります。pppの再生です。標準ステレオではpppは色褪せて力を失い、演奏の興をそぎますが、 HSSでのpppは力を失うことなく息づいています。どんなに小さな音でもはっきりと聴き取ることができ、あの演奏会場での息を飲み込むような静寂の緊張感を再現することが出来ます。

 またfffも圧倒的です。あまり音量を上げていなくても、圧倒的な音量感を得ることができます。これは、音が1方向からだけ聞こえてきた場合と、周囲をぐるりと囲まれた状態で聞こえてきた場合とでは、単なる音圧ではなく、生理的、心理的に感じる度合いが大きく違うからだと思います。標準ステレオのfffがいかに現実の音とかけ離れ、うるさく感じるかを思い知らされます。

 このようにスパーステレオは動的な聴感上のダイナミックレンジを向上させ、生の演奏に近い感触が得られます。

 

 立体音像

 3D音場が再生されると、立体音像が再生されると述べてきました。立体音像再生の意義についてもう少し述べさせていただきます。 

 聴覚は全方向性ではありますが、意識することによって特定の音のみを選別的に聞き分ける能力を持っています。この能力は音色と方向を識別することによって可能なのだと思います。

 たとえば、大勢が勝手に雑談をしているときでも、特定の人物の発言を注力して聞けば、その内容を把握できますが、これをモノラル録音したもので聞くと、雑音に埋もれた形になり、聞き分けることが極めて困難です。これはテレビのバラエティショー等でも時々体験します。数名の人間が一度に発言すると何を言っているのかわかりませんが、現場に居る人間はそれぞれの発言を聞き分けているのだと思います。

 音源の識別能力は音像の定位がクリアだとより鋭くなります。定位とは単なる方向判断ではなく、距離判断が加わるとより明確になります。 HSSでは、立体音像が現れるので、この距離判断が可能です。

 音楽の聴取時も同じことが言えます。無意識のうちに音源を求めて聴いています。大規模の管弦楽曲を聴く場合でも、だんご状になった音群と、 個々の音像がはっきりする音群を聴いた場合とでは、心理的なインパクトが全然違います。

 室内楽曲の場合は楽器の数が少ないので、標準ステレオで聴いても、定位判断は出来ますが、この場合、方向情報だけに頼るため、無意識のうちに脳が働いて、立体情報に置き換えようとしています。これが不自然さを生み、聴いていて疲れる感じがします。

 立体音像を聴くと言うことは、人間の本性である音源探知能力を満足させることで、心理的な安心感が得られるのだと思います。標準ステレオに対し、立体音像を聴くと、深い音楽的感動が味わえるのは、それが人間の生理に叶った聴き方であるからだと思います。

 

 聴感満足度

 再生音楽はこの程度の品質であって欲しいと思う尺度を100%とすると、HSSでの満足度は97%前後でしょう。つまり、これまでの再生方式に比べぶっちぎりで、満足感が得られます。良質なソース が続々と出るのを期待するのみです。

 一部のマニアの中には、生演奏の音とは何だ?生演奏だって、席によって全然音が違うではないか!ましてや、ディスクに入っている生の音などわかりゃしないんだから、生演奏の再現なんて論外だ!生演奏の再現なんてナンセンスだ!と論陣を張られる方がいます。

 それは、その通りでしょう。

 しかし、自然な音か、不自然な音かは一聴して判断できます。再生音楽を楽しむ立場としては、生演奏の再現でなくても、そこに再生される音が自然に聞こえ、音楽的 の深い感動が味わえれば良いわけです。機械のことを忘れて演奏を堪能できれば良いわけです。それ以上を望むのは酷というものでしょう。その意味で、標準ステレオと HSSでは、明確な音の差があると言えます。 上記のような論陣を張られると“空しい言い訳”としか受け取れません。

 立体音像が再生されたとき、そこに自然な音楽の流れが聴こえてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



マーラー/交響曲第5番
インバル指揮
フランクフルト放送交響楽団
DENON 33CO-1088

 

 2.試聴事例

 管弦楽曲

 規模の大きい曲になればなるほど HSSは威力を発揮します。ひとつひとつの楽器の音が分離して聴こえ、だんご状態になることはありません。特に管楽器のソロパートの音像がしっかり立つために、リアル感が増します。

 低弦は柔らかく、ホールの響きを良く伝えます。また、ヴァイオリンのピッチカートにも大変特長が出ます。本来ヴァイオリンのピッチカートはそれほど響きのあるものではありませんが、オーケストラでのピッチカートとなると、鮮やかにホールに反響して独特の雰囲気が醸し出されますが、この感じもよく再現されます。これは3D音場の再現なくしては味わうことはできないでしょう。

 ティパニーや大太鼓の音はやはりホールの響きがあってのもので、ど〜んと一発響いた瞬間に、再生音の世界が変わったのだと感じます。

 代表曲としてはインバルのマーラー/5番でしょうか?とにかく音が澄み切っています。
冒頭のトランペットから総奏に入ったときは、まさに会場全体が鳴り響くと言う感じがします。S席の中央近辺で聴いている雰囲気です。

 音場重視の意図だと思いますが、DENONのこのシリーズはワンポイント録音を基本にして収録されており、音像の立ち方が自然です。収録の詳しい状況はわかりませんが、下記のイタリア合奏団も同様の録音です。
 PHILIPSもワンポイントに近いと聞いています。音場収録が大事であることが、浸透しつつあるのではないでしょうか?

 

 



オルフ/カルミナ・ブラーナ
小澤征爾指揮
ベルリン・フィルハーモニー
管弦楽団
PHILIOS 28CD-3280

 

オーケストラ+コーラス

 合唱付きと言うと”第九”がすっかりお馴染みですが、この曲もなかなか迫力があり、CMでの使用が目立ってきています。ディスクで言うとこのディスクが出色です。演奏と録音の両方が相整ったディスクで思わず拍手をしたくなるほどの大迫力です。当ホールの前面壁一杯を演奏者が埋め尽くした感じの音像が得られます。静寂部でもデリケートな音が良く取れています。

 この上の願いは、良い音質のソフトを提供して欲しいことです。そうすれば、擬似コンサートホール体験を飽きるほど楽しむことができるからです。良質なソフトに出会うと、下手な席で生演奏を聴くよりは遥かに感動深く演奏を楽しむことができます。

 

 



ヴィヴァルディ/「四季」
イ・ムジチ合奏団
PHILIPS 410 001-2


 



ヴィヴァルディ/「調和の霊感」
イタリア合奏団
DENON 60CO 2719-20

 

 弦楽合奏曲

 イ・ムジチとイタリア合奏団に代表される小規模編成の弦楽合奏は、その演奏会場においても特長を持っています。

 イ・ムジチは響きの良さで知られるスイス/ラ・ショードフォンのムジカ・テアトルです。この「四季」の始めの方にある、鳥の鳴き声を模したヴァイオリンの重奏は、このホールの響きの良さをものの見事に教えてくれます。澄み切ったバイオリンの音が天井高く消え行く様をはっきりと聴き取ることができます。本当にこのホールの響きは美しい響きです。

 2チャンネル再生で聴くとやや刺激的な高音ですが、HSSでは、艶やかな高音として再生されます。

 一方イタリア合奏団はイタリアのコンタリーニ宮です。美しい響きを持った中世の城で再生音からもその美しさが察せられます。ホールに比べれば狭い空間で、昔は舞踏会の会場として使われたようです。独特の部屋の構造のために響きが良く、音が部屋一杯に回り込んでいるのが良くわかります。音に囲まれたと言った印象がします。

 

 



シューベルト/「鱒」
アルバン・ベルク四重奏団
レオンスカヤ(p)
EMI CC33-3574

 

 ピアノ五重奏曲

 室内楽曲はどうしても音像をクリアに捕らえたいとの意図から近接録音になってしまいます。演奏会場で聴く感触をディスクに求めるのはなかなか困難です。眼前でクッキリと音像を結ぶのが良い録音と言うことになります。

 この演奏を標準ステレオで聴くと、楽器の数が多い所為か、ガサガサ、ザワザワと鳴っている感じがします。楽器は左右スピーカー間に目一杯に配置されていますから、各楽器の音像識別は良い筈なのですが、気分的に落ち着きません。正直言って長時間聴くと疲れます。

 HSSで聴くと、音像がすっきりと現れ、これまでの渾然一体感が消え失せて、目の前がすっきりとします。あのザワザワとした感じは何だったのか? ”音楽”を聴くにはこれでなくてはと思います。各楽器が躍動しています。

 

 



ショパン/スケルツォ全曲他
ポリーニ
Grammophon POCG-1500

 

 ピアノ独奏曲

 ピアノ曲の収録には3通りあります。演奏者型、対面俯瞰型、ステージ型です。

 演奏者型は右側高音型で、演奏者の位置で聴くイメージです。対面は左側高音で演奏者に対面して聴いている感じです。よりクリアな音を取りたくて近接収録をするためにこのようなことになるのでしょうが、演奏会場で聴くイメージとは全く異なってしまいます。違和感のある方にとってはバケ物ピアノであることに違いありません。

 このディスクの録音はステージ型で、音像が中央に固定されています。ポリーニ特有の研ぎ澄まされた激しいタッチが良く録れています。スタインウェイの特長の低音のじぃ〜んと言う響きも良く録れています。

 標準ステレオで聴くと、ピアノが薄っぺらに聴こえ、タッチの鋭さもインパクトに欠けます。 HSSで聴くと、しっかりとピアノの重量感が出てきます。激しいタッチがグサリと伝わってきます。白熱の演奏に思わず引き込まれて行ってしまいます。

 

 



諏訪内晶子≪メロディ≫
諏訪内晶子
PHILIPS PHCP-11001

 

 ヴァイオリン独奏曲

 ロンドンのヘンリー・ウッド・ホールでの録音ですが、ヴァイオリンはかなりの近接録音です。その分、演奏の細部が手に取るようにわかります。諏訪内の特長である澄み切った音が良く収録されています。

 この演奏はピアノ伴奏付きです。室内楽曲は、管弦楽曲以上に音像を求めて聴き入りますが、標準ステレオで聴くとヴァイオリンとピアノの音が平面に貼り付いて渾然一体になるために、脳内で二つの楽器を分離しようとする作用が働き、聴いていて疲れます。

 スーパーステレオでは、立体音像が現れますから、脳が分別作業をしなくても、最初から分別された状態で脳に入ってきます。このディスクではヴァイオリンの少し後方にピアノの音像が現れますから、何の苦労もなくヴァイオリンとピアノの音像が分別されて聴こえてきます。実演の感じがするとか、自然な鳴り方がすると言うのは、こう言う状態が大きく寄与していると思います。

 

 

 

ヨーヨー。マ ベストコレクション
ヨーヨー・マ
SONY SRCR 2702



バッハ/無伴奏チェロ組曲
マイスキー
Grammophon 415 416-2

 

 チェロ独奏曲

 チェロの無伴奏曲を2枚用意しました。

 最初にヨーヨー・マ ベストコレクションの中からコマーシャルでお馴染みのコダイの無伴奏です。メカニクス・ホールでの録音と記されています。適度な音場成分が取り込まれているが故に、標準ステレオでは違和感を生じます。
 HSSにすると、さっと音場が開けて、ホールの空気感までが伝わって来そうな感じです。ホールのデリケートな反射音が実に旨く収録されています。独奏チェロはシャープな音像を結び、実演会場さながらの感触です。

 次にマイスキーのバッハです。旧盤と新盤がありますが、旧盤の方です。実にシャープな録音です。しかし、この録音には音場成分が殆ど含まれていません。いわゆる、超近接録音でチェロの響きそのものを余すところなく捕えています。

 このような音場成分を含んでいない録音を、 HSSで聴くとどうなるかと言う課題です。HSSは、ソースに含まれている音場情報を、部屋中に配するシステムですから、音場成分が十分に含まれていない場合は、 残響無しに聴こえるのは当然です。

 超近接録音は、楽器の剥き出しの音、すなわち素顔の音をリスニングルーム内に再現させようとするものです。したがって音場情報は不要なのです。化粧に相当するホールの残響音の助けを借りなくてもいいと言う考え方です。この場合2チャンネルで再生しても、音場情報がないので、違和感はありません。リスニングルーム内に楽器を持ち込んで演奏しているのと同じことになります。しかし、一般的にはホールの残響音で化粧仕上げされた音を収録するのがクラシック音楽の主流です。クラシック音楽の収録には、二つのスタンスの録音方法があることを理解しておかなくてはなりません。

 



日本のうた
鮫島有美子
DENON 33C37-7391

 

 独唱曲

 独唱曲の収録もいろいろあります。パバロッティのイタリア民謡集のディスクを見ると、ヘッドフォンを耳にあてて歌っている写真があります。これはもうポップスの録音そのものです。

 ホール録音スタイルで優れているのは、この鮫島有美子の録音です。適当な距離感があり、ホールの響きも旨く取り入れられています。また、ピアノの音像が実に良いバランスで登場します。

 これだけ音場情報が旨く取り入れられていると、まさに立体音像が出現します。唇の動きが見えるかのごとく、子音が明確に聴き取れます。全くの素人さんに聴いてもらうと、「すぐそこで歌っているようだ。」との返事が返ってきます。 HSSの真骨頂です。

 

 



哀愁のロシア民謡集
モスクワミリタリーアンサンブル
VICTOR VICC 146

 

 合唱曲

 ポピュラーなロシア民謡を収めたアルバムです。収録は教会で行われており響きが豊かです。ソロパートが各所に散りばめられていますが、あまりのリアルさに一瞬ハッとします。

 こうした楽曲はオーディオマニアでなくても楽しめるので、素人のお客さんが見えたときに聴いてもらうこともあります。ある時、一曲聴き終わると聴衆の3人が一斉に拍手をしたことがありました。何故拍手をするのかと聞くと、「すぐそこで歌っているような感じがするので、拍手をしないと悪いような気がした」との返事でした。

 

 



バッハ/オルガン作品集
プレストン
Grammophon POCG-1549

 

 オルガン曲

 楽器の王様と言われるパイプオルガンは、その再生の難しさでも知られています。雄大な低音と、教会の独特の残響感の再生が思うようになりません。実際のオルガンを聴くとホールごとに音質が大きく異なります。楽器自体が手造りであるに加えて、ホールの音響効果が大きく異なるからです。もともと教会用に生まれた楽器だとは思いますが、教会の音響特性を旨く利用した楽器だと感心します。

 この楽器は大ホールで聴くよりは小ホールで聴いた方が、その特長ある響きを堪能できます。実際の演奏を聴くと、一般の楽器と異なり、オルガン独特の響きがします。低音がパイプから幽体離脱したかのごとく、ふわりと空間を漂い、身体全身を包んでくれます。目の前の空気全体が鳴っているようです。低音に関する限り指向性が全く無く、前方に見えるパイプが音を発しているという感じはしません。

 標準ステレオでオルガンを聴くと、どうしても音がスピーカーの間に張り付いていて、空間を漂うと言う感触は得られません。何よりも低音の質感が異なります。

 嬉しいことに、この空間に漂う低音を、 HSSでは再現できます。標準ステレオでは決して味わうことの出来ない低音です。実に現実の低音に良く似ています。ディスクが変わって別の教会になれば、ガラリと雰囲気が変わります。まるで教会に座して演奏を聴いているようで、音楽そのものに浸り切ることができます。

 また、教会の天井の高さも実感できます。左右前後に加えて高さまで感じ取ることができます。名前通り、3D音場の再現です。

 私はバッハのシュープラー・コラールを良く聴きますが、この単純な音で構成されている曲は、オルガンの音を十分に堪能させてくれます。あの柔らかく深い響きの低音の上に、単純な主旋律が流れる様を聴いていると、この曲はこの低音の響きがあってはじめて活きた音楽になるのだと感じさせてくれます。標準ステレオとは別世界の音楽がそこにはあります。

トップへ

 

ホーム ] 3D音場 ] システム構成 ] リスニングルーム ] セッティング ] PCオーディオ ] [ 立体音像 ] 憩の広場 ]

 

最終更新日 2016/12/15  (→更新履歴)    

当サイト記載内容の無断転用はご遠慮ください。