PCオーディオ

ホーム 3D音場 システム構成 リスニングルーム セッティング PCオーディオ 立体音像 憩の広場

 当ホールは2011年9月に、PCオーディオを導入し ました。以後メイン入力機器はCD/SACDプレーヤーから、ネットワーク・プレーヤーに移行しています(最新システム構成図)。

 ネットワーク・オーディオはPCオーディオと呼ばれる再生方式の一種で、CDの再生方式としては大変優れています。詳細に関してはラジオ技術への投稿記事を参照していただくとして、その後の機器の進化を含めて、以下概要を述べます。

1.PCオーディオとは?

 

 

 PCオーディオとは、デジタル音楽の再生方式の一種ですが、CDという固体記録された円盤を回転させながら再生すると言う方式ではなくて、電子化された音楽ファイルを、直接再生する方式の総称です。電子ファイルは、予めCDから抽出(リッピング)するか、インターネットの配信サイトからダウンロードして、HDD(ハード・ディスク装置)等の記憶装置にストックしておきます。これをプレーヤーで呼び出しながら再生します。
 CDを回転させながら再生させると、時間軸の揺れで発生するジッターというノイズが多くなり、音質を害します。予めリッピングしておけば、メカニカルな原因によるジッター の発生は防止でき、電子的に発生する微少ジッターのみとなって、音質が向上します。

PCオーディオには二つの方式があります。
    1) USB−DAC方式
    2) ネットワーク方式
        
 当ホールでは、両方式を採用していますが、日常的には、再生時にPC(パソコン)を使用しなくてもよいネットワーク方式を使用しています。ハイエンド・オーディオの再生目的のためには、ネットワーク方式の方が優れていると言えます。

 

2.USB-DAC方式

 PCにはUSB端子という外部機器の接続端子が設けられています。この端子にUSB−DACと呼ばれるDAコンバーターを接続して、DA変換を行う方式です。音楽の再生は、PC内でプレーヤ ー・ソフトと呼ばれるアプリケーション・ソフトで行います。当ホールではfoobar2000というソフトを採用しています。音楽ファイルは、PC内臓のHDDや外部記憶装置に、予めストックしておきます。

       

(a)が通常の方式ですが、当ホールでは、レイアウト、その他のの事情もあって、(b)方式を採用しています。USB出力を一旦DDC(DDコンバーター )で受けて、同軸ケーブルでDACに送り込んでいます。
 この方式では、再生時には常にPCを起動させる必要があり、PCの電気的雑音、PCのファンによる騒音等のハンディキャップを背負っており、次に述べるネットワーク方式の方が、よりよい環境での再生が行えます。しかし、手軽にPCオーディオを楽しむにはUSB-DAC方式が便利です。
 

3.ネットワーク方式

 ネットワーク方式の中核をなすのがNAS(Network Attached Storage)と呼ばれる音楽ファイルの貯蔵庫です。この倉庫はミュージック・サーバーという管理人によって管理されており、ネットワーク・プレーヤーから要求のあった音楽ファイルを逐次送り出します。
 このNASへの音楽ファイルの送り込みや、送り出しに使用されるのがLAN(Local Area Network)と呼ばれる通信方式です。この通信方式の名称からネットワーク方式と呼ばれています。 CDプレーヤーによる再生方式との比較図を下記に示します。

       

 この方式を導入する際の最大のネックは、ネットワークの構築です。さらにNASの設定も厄介ではありますが、完成した暁 には、音質の良さに加えて、操作の利便性も大変優れているので、オーディオ・ライフを一層楽しむことができます。
 PCを起動せずに目的の音楽が再生出来ます。楽曲の選択のために、本体操作盤とリモコンが付属していますが、いずれも大量の音楽ファイルから、目的のファイルを探し出すには、操作が面倒で、実用的とはいえません。 そこで登場するのが、スクロール操作が優れているスマートフォンやタブレット端末です。いずれにもメーカーから専用のソフトが無料で提供されており、これをインストールして 楽曲選択をします。

 ルーターは無線LAN機能を備えているものであれば、上図の無線LAN親機は必要ありません。またルーターにはハブが備えれられているのが普通ですが、 LAN端子(LANポート)の口数が足りているのであれば、上図のハブは必要ありません。しかし、ルーターとNAS、ネットワークプレーヤー間の距離が長くなる場合は、ハブを追加した方が安定性が増すと思われます。

 2014年2月にバッファローの新ブランドDELAより、オーディオ用NASが発表されました。当初NASによって音が変わる筈はないと思っていました。 それは音楽用のデジタル信号の伝送段階で、ミスが起きる可能性はゼロと言っていいからです。しかし実際にはデジタル信号に混じえて微少ノイズも一緒に送っています。このノイズによって後段でジッタ ーが発生し、音質を悪くすることがわかりました。DELAのNAS N1Aは、微少ノイズを徹底的に除去するために、ハブを経由せずに 、ネットワーク・プレーヤに直接デジタル信号を送り出すための専用のLAN端子も設けています。これにより上記接続図は、下図のように変更になりました。(2015年4月追記)

 

 

 

   3.1) ネットワーク・プレーヤー

 ネットワーク方式はイギリスのLINN社が開発し、その高性能を誇っていましたが、プレーヤーの価格が高いこともあって、普及は足踏みしていました 。2010年になると日本国内の大手メーカーが、ネットワーク・プレーヤーの発売にこぎつけ、一気に注目を浴びるようになりました。

2013年になってマランツからNA-11S1というモデルが発売され、さっそくこれを購入し、それまで所有していたヤマハ/NP-S2000と、パイオニア/N-50を手放しました。 

   3.1a) 外部DAC

 2016年6月に高性能DACを導入しました。PS AUDIOのPerfectWave DirectStream DACです。このDACは光入力では192kHzに対応していませんが、確認したところ同軸より高精細な音が得られるのがわかり、光ケーブル接続としました。(2016年10月追記)

   3.2) NAS

 当ホールではNASとして、DELA製の 「オーディオ用機器」として開発されたHA-N1AH20を使用しています。1TBのHDD×2台で構成されており、最初からミラーリング設定がされています。徹底的にノイズ抑制に努め、さらにネットワーク・プレーヤとのダイレクト接続を可能としています。これにより、ネットワーク・プレーヤに送り込むノイズがさらに抑えられています。(2015年4月追記)

 

   3.3) ファイル形式

 当初ファイル形式はflacでスタートしましたが、DirectStream DACを導入したのを機に、flacとwavの音質の差を調べてみました。明らかにwavの方が音質に優れていました。flacファイルは可逆圧縮ファイルです。因みに元に戻してみると、現波形と完全に一致しています。しかし、再生すると、非圧縮のwavとでは音質に差が出ます。理由は不明です。

これまでNASに保存していたflacファイルを全部wavに戻しました。問題はタグの扱いですが、MediaMonkeyでタグの管理をしている限りでは、ファイル名とは別に曲名表示ができます。アートワークの表示もできます が、登録するファイル名はfolder.jpgのみになります。またiPadでの曲名表示はトラックNo順から、五十音順になりました。(2016年10月追記)

   3.4) リッピング

 CDに記録されているファイル形式はcdaというファイル形式ですが、世の中にPCが普及する前に設定された形式なので、 単独ファイルとしてPCで扱うことはできません。そこでPCで扱える形式、すなわちwav形式として抽出することをリッピングと呼んでいます。このリッピングを行うために各種のソフトが用意されていますが、当ホールではSoundForge Proという波形編集ソフトでリッピングを行っています。

 CDにはタグ情報は記録されていませんから、これはインターネット上で検索することになります。SondForgeには老舗のCDDBであるGracenoteを無料で検索できる機能があり、とても便利です。自作CDのタグ情報や、CDDBの検索で見つからなかったCDのタグ情報は、 サーバーの管理ソフトMediaMonkeyを使って、手動で書き込みます。

 タグ情報ではないのですが、タグと同様に取り扱われるのが、ジャケット・カバー(アートワーク)の画像です。有名CDであれば、かなりの確立でネットから入手できます。ネットで入手出来ない場合は、自分で撮影するか、スキャナーでジャケットをスキャンして画像を用意し、MediaMonkeyを使って、サーバーに記憶させます。

   3.5) ハイレゾ音源

 PCオーディオではCD規格以外の音源も再生できます。CDの 規格は44.1kHz/16bitですが、それを超える規格、88.2/96kHz/24bitや176.4/192kHz/24bit等も再生できます。こうした規格の音源を求めることは、少し以前は大変なことでしたが、現在ではネットから簡単にダウンロードして 入手することが可能です。こうした音源をハイレゾ(High-Resolution)音源と呼んでおり、PCオーディオの魅力の一つではあります。

 ただし当ホールでは、DSDAC導入を機に、CDの高精細再生に取り組んだ結果、ハイレゾと区別出来ないレベルに達したので、ライナーノートの付属しないハイレゾのダウンロードは取り止め、専らCDのリッピングに努めるようになりました。(2016.12記)

 

 

(2013年8月記)

ホーム ] 3D音場 ] システム構成 ] リスニングルーム ] セッティング ] [ PCオーディオ ] 立体音像 ] 憩の広場 ]

 

最終更新日 2016/12/15  (→更新履歴)    

当サイト記載内容の無断転用はご遠慮ください。