ご挨拶

3D音場
システム構成
リスニングルーム
セッティング
PCオーディオ
立体音像
憩の広場
 

  いらっしゃいませ。
 ここは、クラシック音楽愛好家の皆さまに、最高の音質で音楽を聴く方法をご紹介するサイトです。

  オーディオ愛好家の殆どの方は、コンサートホールで聴くあの感動を、マイ・リスニングルームで得られたら・・・と願っておられるに違いありません。 その夢が遂に叶いました。仮想現実(VR)ホールが実現したのです。

 私が開発したHSS方式と、穴澤健明氏が開発した残響分離制御ユニットがドッキングすることにより可能になりました。
 HSS方式とは、平本式スーパーステレオのことで、私が 四半世紀の歳月をかけて、開発した「2ch音源による8ch再生方式」のことで、3D音場の再生を目標としています。

             **********
 

 

 

 

★残響分離制御ユニットBM-1を導入し、仮想現実ホールの実現に成功しました。(2016年11月)

「ラジオ技術」に執筆掲載
2017年10月号:「前方空間重視のFSサラウンドの提案」        ⇒  転載記事
           BM-1音場プロセッサを生かす
2017年6月号 :「2チャンネル音源は本来のバランスを失っていないか」 ⇒  転載記事

        マイク位置の問題について          
2017年1月号 :「演奏会場のVR化をようやく実現」           ⇒  転載記事
          
残響分離制御ユニットBM-1を試聴して
2016年12月号:「演奏会場のVR化をようやく実現」            ⇒  転載記事
                        仮想現実ホールの実現を目指して25年

その他 の主要投稿記事


 

 

 

 

             **********

 HSS方式には、2チャンネル音源から効果音を創成するプロセッサーが必要です。これまでダイナベクター社の スーパーステレオプロセッサー(SSP)を使用して来ましたが、 すでに製造中止になっています。後継機の登場が待ち望まれていましたが、2016年に誕生した残響分離制御ユニットBM-1が、SSPを大幅に上回る性能であることが確認できまし た。BM-1は穴澤健明氏が開発したプロセッサーです。NTTが開発した残響分離技術が使用されています。今後はこのBM-1をHSS用のプロセッサーとして使用することにしました。

 このBM-1による残響分離の効用により、3D音場再生がより確かなものになりました。 これにより、永年の夢である仮想現実ホールの実現が可能になりました。

  また2016年には、CDの高精細再生にも成功し、BM-1と組み合わせると、極めて臨場感の優れた音像が得られるようになりました。オーディオ50余年の歴史の中では得られなかった新しい音の世界です。

 さらに2017年8月には、 これまでの自分取り囲むサラウンド方式には問題ありとして、新しい発想による前方空間重視のFSサラウンド方式を提案し、生演奏感触の効果を 一層上げています。

 VRホールの詳細については、 本サイト並びにラジオ技術掲載記事(本サイトに転載) にて紹介しています。

 クラシック音楽を愛するオーディオ愛好家の方は、是非ごゆっくりとご観覧ください。

2017年9月14日改定  (2002年4月初稿)

      館長      平本 修


ご意見・ご感想・試聴依頼は下記のメールアドレス宛にお寄せください。

ugg24777@nifty.com

 

[ ホーム ] 3D音場 ] システム構成 ] リスニングルーム ] セッティング ] PCオーディオ ] 立体音像 ] 憩の広場 ]

最終更新日 2016/12/15  (→更新履歴)    

当サイト記載内容の無断転用はご遠慮ください。