構成機器 

  ホーム 3D音場 システム構成 リスニングルーム セッティング PCオーディオ 立体音像 憩の広場
システム構成図
機器仕様
残響分離制御
ユニット
ラインアンプ
アッテネーター
スーパートゥイーター
位相合わせ
クリーン電源
 1.システム構成図

HSSは下記の基本ブロック図と、次項「リスニングルーム」で示すスピーカーレイアウトで構築されま す。
 

 

     
    当ステレオホールの常用システム構成図を下記に示します。
 

注記
2004年6月にDV8400、KAF-S500を、同11月にSA-11S1を導入
2005年10月に ミドルサブSPをSA-355i(無指向性)に更新
同年11月にフロント、ミドル用のパワーアンプに音量調整器を内臓させる
2007年1月にラインアンプ導入
2007年1月にSA-11S1をSA-7S1に更新
2007年12月にフロント、ミドルSPをTD508Uに更新、SA355iはリアへ移動
2008年1月にリアSPをTD508Uに更新
2011年9月にUSB-DAC RATOC製 RAL-24192UT1を導入
2011年9月にバッファロー製NAS LS-WSX1.0TL/R1を導入
2011年9月に ヤマハ製ネットワーク・プレーヤーNP-S2000と
、north star design製DACを導入
2012年1月に パイオニア製ネットワーク・プレーヤーN-50を導入
2013年3月にマランツ製ネットワーク・プレーヤーNA-11S1を導入 NP-S2000とN-50放出
2015年1月にNASをDELA製 HA-N1AH20に更新し、HUB経由とせずNA-11S1と直結
2016年6月にPS AUDIO製PerfectWave DirectStream DACを導入
2016年11月に穴澤健明製 残響分離制御ユニットBM-1を導入。SSP-5の後継機とする。

 
 2.機器仕様

 

装置名

機能・用途

製造メーカー

パワーアンプ

 

中高音用

金田式UHC MOS-FET 16W×2(16Ω) (自作)
HPF内臓(6dB/oct  fc=612Hz)

低音用

金田式UHC MOS-FET 32W×2(8Ω)(自作)
LPF内臓(6dB/oct  fc=612Hz)

フロントサブチャンネル用

金田式Tr 8W×4(8Ω) (自作)
音量調整器付き

リアサブチャンネル用

KENWOOD  KAF-S500 (2004.6新設)
50W×6 (ただし、2chアンプとして使用)

コントロールセンター /

ラインアンプ

(自作)

入力セレクタ

9ポジション

出力セレクタ

OUTPUTx2、OFF、-20dB、MUTE

ラインアンプ

金田式 4チャンネル(自作)(2007.1導入)

音量調整

4チャンネル (メイン& SSP用 自作)

電源ユニット

上記各アンプに電源供給

メインスピーカー

 

 

注)
メインスピーカーの画像は他の画像の縮小比×0.7

スーパートゥイーター

FOSTEX製 T925 (8Ω)
    108dB/W/m

    (fc12000Hz,18dB/octHPF経由接続)

中高音用

2"スロートドライバー TAD製 TD4001(16Ω)
    110dB/W/m
2"スロートセルラーホーン Maxonic製  HS-401

低音用

38cmウーファー TAD製 TL-1601a(8Ω)
    97dB/W/m
オーディオユニオン製バスレフエンクロージャ

サブスピーカー
  フロントサブ

  ミドルサブ

  リアサブ

富士通テン製 Eclipse TD508U(8Ω)
    81dB/W/m

 ( フロント・ミドル 2007.12 入れ替え)
 ( リア     2008.1  入れ替え)


SACD/CDプレーヤー

marantz製 SA-7S1   (2007.1入れ替え)
NAS DELA製 HA-N1AH20   (2015.1入れ替え
ネットワーク・プレーヤー marantz製 NA-11S1  (2013.3導入)
DAC

PS-AUDIO製 DirectStream DAC (2016.6導入)
DAC

north star design製 Essensio (2011.9導入)
USB-DAC

RATOC製 RAL-24192UT1 (2011.9導入)
残響分離制御ユニット

穴澤健明製 BM-1 (2016.11導入)

スーパーステレオ
      プロセッサ

Dynavector製 SSP-5

クリーン電源

Accuphase製 PS-510  (2006.6導入)

◆注記
上記画像のサイズは、実寸比になっていますが、メインスピーカー群のみは他の画像縮尺比のさらに0.7倍になっています。
自作アンプの横幅実寸は330mmです。

   
 3.残響分離制御ユニット BM-1
   BM-1は穴澤健明氏が開発したプロセッサーです。NTTが開発した残響分離技術を用いて、2チャンネル音源から、残響を創成するユニットです。2016年12月現在ではまだ製品化されておらず評価機の段階です。当ホールで紹介しているHSSシステムは、長い間プロセッサーとしてダイナベクター社のSSPを使用して来ましたが、すでに製造販売中止になっていました。これに取って変わるプロセッサーが登場したので、SSPの後継機として使用してみたところ、大変いい結果が出たので、今後はこのBM-1を使用することにしました。(2012.12.13記)
 

BM-1正面

BM-1背面

  BM-1は6chを想定して3組の出力が用意されています。
 フロント/直接音用    →不使用
 サイド/再ミックス用   →HSSフロントサブ、サイド
 リア/間接音用     →HSSリア
前面パネルにデジタル入出力、背面パネルにアナログ入出力の端子が設けられています。
背面のヘッドフォン端子にはサイド信号も出力可能です。この場合単独での音量調整ができます。

前面パネルにはパラメーター設定スイッチがあります。左上にあるデジタルスイッチのうち、HSSは左から3個のパラメーターを使用します。
 Q Quality   音質と効果の設定
 R Ratio     再ミックス混合比の設定
 D Delay    各出力の遅延時間の設定
Qは直接音と残響を分離した時の音質を指定するパラメーターで0寄りが直接音、9寄りが間接音の音質をそれぞれ重視するようになっています。
Rは分離された直接音と間接音を再ミックスする際の混合比を指定します。サイド信号に関係します。
 

 

 4.ラインアンプ

 入力セレクタ後、 ラインアンプを通します。当初チャンネルデバイダに直接入力していましたが、S/Nの点で不満があり、34dBのゲインを持ったラインアンプを投入しました (2007年1月)。これによりチャンネルデバイダはメインアンプ内に移設しました。

 アンプは金田式のラインアンプでNFBの調整によりゲインをコントロールします。入力部に-29dBのアッテネーターを挿入し、トータルのゲインは最大で5dBに抑えています。位相反転のない金田式ラインアンプの方を採用しているため、ゲインを0に絞ることができません。そこで出力セレクタの2タップをゲイン調整用に転用しました。-20dBの追加アッテネーター機能とMUTE機能の二つです。MUTEで音量をゼロに絞れます。

  2チャンネル入力をラインアンプで5dBの増幅を行い、中高音用パワーアンプ、低音用パワーアンプ、SSPにそれぞれ送り出しています。

 5.1ch再生(センタースピーカーとサブウーファーはなし)時には、リアチャンネル用に独立した2チャンネルが必要となるため、ラインアンプをさらに2チャンネル分用意しています。常時はHSSで聴いているので、このリア用のラインアンプは使用していません。HSSの場合は、既に音量調整された信号がSSPに送り込まれるため、リアの音を音量コントロールする必要はありません。

 5. ヴォリューム

  ロータリースイッチに抵抗器を直に取り付けた自作ヴォリュームです。全12ポジションで2dB/ステップにしています。これだけでは音量を絞りきれないので、さらに20dBのアッテネーターが追加できるように工夫をしています。以前は抵抗素子としてスケルトンを使用していましたが、かさばるために今は1/4Wの素子にしています。これによる音質悪化は感じ取れませんでした。

 6.スーパー・トゥイーター

 本システムは本質的には2ウェイシステムです。スコーカーはトィーター領域までカバーしているため2ウェイで十分とされています。事実TADより同じユニットを使った2ウェイスピーカーシステムが発売されています。しかし、私のシステムでは高域が少し苦しいようでヴァイオリン等の抜けが足りません。そこで、スーパートゥイーターを付加することにしました。3ウェイではなく2ウェイ+スーパートゥイーターです。

 付加とは乱暴な話ですが、これ以上分割数を増やすとディバイダの作成に困ります。ネットワークで逃げれば良いのですが、ネットワークの挿入には抵抗感があります。スコーカーが高域で自然に減衰しているのであれば、わざわざ高域をカットすることはなく、スーパートゥイーターを上乗せしてやろうと言う考えです。

 7.位相合わせ

1)聴感による位相合わせ

 マルチチャンネル・スピーカーシステムでは、位相合わせは避けて通れません。測定器がないと・・・と尻込みし勝ちですが、「耳」と言う素晴らしい測定器を使って、位相合わせをすることができます。

 私の場合は、ヴァイオリンの独奏曲を使っています。具体的にはギドン・クレメルの「ア・パガニーニ」の中の「パガニニアーナ」を使います。この曲はクリアな音質と長い残響が特長です。

 最初に大体の位置を合わせます。冒頭から100秒ばかりの部分を繰り返し何度も聴きます。1〜2回聴いてから、スピーカーの位置を動かしても、その違いに気がつかないことが多く、「耳で聴いてもわからない」と直ぐに結論を出してしまうことになりかねません。しかし、同じ部分を繰り返して聴いていると、自然にその響きが頭にインプットされてきます。10回も聴けば十分でしょう。

 スコーカーを5cm程度、前後に移動させると音色に変化があるのに気がつきます。スコーカーが前に出ると、音が明瞭に聴こえますがギスギスした感じに、後ろに下がると潤いが出ますが、長い残響のため音像がぼやけた感じになります。音の明瞭さと潤いのバランスが取れた位置を5mm単位で探します。パッセージの緩やかの部分と早い部分の両方を聴き比べて判断します。ヘッドフォンで予め残響のバランスを確認しておくことも、能率よく作業するための一つの方法です。

 スーパートゥイーター用のハイパスフィルターのfcは10kHzを超えていますから、波長も3cm程度になります。加えて減衰量も18dB/octなので位相回転もひどいものです。それ故位相合わせは意味がないように思われますが、実際に位相合わせをしてみると、1mm単位で音色が変わるのがわかります。なかなか理屈では説明できない部分があるのですが、耳で聴いて「いい」と思われる部分に固定するのがベストな判断だと思います。恐らく測定器では調整できないのではないでしょうか?

 ウーファーとスコーカー用のディヴァイダは、位相のことを考えると6dB/octのものを使用します。6dB/octでは音の切れが悪いのではないかとの懸念もありますが、何と言っても明確な音像定位を求めるのであれば、位相合成が確かな6dB/octの遮断特性は譲れません。

2)パソコンソフトを使った位相合わせ

 より正確な位相合わせを行うには、単発サイン波で行うのが良いと思われます。これにはファンクションジェネレータとストレージオシロが必要ですが、ストレージオシロは高額で、なかなか手が出せません。そこでこれに代わる安価な測定方法を考えました。音楽を編集するための波形編集ソフトSoundForge XP Studio 5.0です。5kHz程度以下なら波形観測に使えます。単発サイン波やトーンバースト波形を創ることも可能です。

 SoundForgeを用いた測定法ならびに調整方法についてはここをクリックしてください。

 「ラジオ技術」誌に投稿した記事をご覧になりたい方は下記をクリックしてください。
       ラジオ技術誌転載記事(PDFファイル 2654KB)

 8. クリーン電源

 パワーアンプを含む全機器に、クリーン電源から電源を供給しています。2006年6月に導入しましたが、音場に透明感が出ました。
 電源歪み率は昼間で3%前後、夜間は5%を越えます。オシロで観察すると、サイン波の頂部が削られて平らになっています。

トップへ

 

 

ホーム ] 3D音場 ] [ システム構成 ] リスニングルーム ] セッティング ] PCオーディオ ] 立体音像 ] 憩の広場 ]

最終更新日 2016/12/15  (→更新履歴)    

当サイト記載内容の無断転用はご遠慮ください。