ご挨拶

3D音場
システム構成
リスニングルーム
セッティング
PCオーディオ
立体音像
憩の広場
 

 

 いらっしゃいませ。
 ここは、クラシック音楽愛好家の方々に、マイルームをコンサートホールに変身させる方法をご紹介するサイトです。

  クラシック音楽が好きなオーディオ愛好家の方は、コンサートホールで聴くあの感動を、マイルームで得られたら・・・と願っておられるに違いありません。 しかしこれまでどんなにお金を掛けても、その夢が叶えられることはありませんでした。 理由は簡単です。ホール内に立体的に存在する空間合成和音の重要性に気づいていなかったからです。空間合成和音とは立体的に存在する3D音場のことです。

 この空間合成和音を再現するには3D音場再生が必要です。そのためには通常の2ch再生に加えて、3次元的に音場成分を放出する必要があります。私はCD音源で3D音場再生を可能にする方法を四半世紀にわたって追求した結果、2018年12月、ついに 実用上申し分のない3D音場を再生することに成功しました。 3D音場下の再生音楽は、これまでの再生音楽と比較すると、極めて自然な響きで、ダイナミックレンジ、音像の鮮明度、立体感等もコンサート会場で得られる感触に極めて近い 音です。これまでのオーディオ60年の歴史の中では味わうことの出来なかった新しい音の世界です!
理想的な仮想現実ホール (VRホール)を実現することが可能になりました!!

 私が開発したHSS方式と、穴澤健明氏が開発した残響分離制御ユニット をドッキングすることにより 3D音場再生が可能になりました。本欄でその手法をご紹介します。
 なお、HSS方式とは、私が命名した「2ch音源による8ch再生方式」のことです。

             **********
 

 

 

 

「ラジオ技術」に執筆掲載

2019年2月号:「2Ch音源で実在感のある演奏音を
         再現するFSサラウンドのすすめ」
         
   ⇒  転載記事

2018年6月号:「サブチャネルの音量を更に下げると飛躍的に音場感が向上」
          
既存サラウンドは“再生”には不向き          
⇒  転載記事

2017年10月号:「前方空間重視のFSサラウンドの提案」        ⇒  転載記事
           BM-1音場プロセッサを生かす
2017年6月号 :「2チャンネル音源は本来のバランスを失っていないか」 ⇒  転載記事

        マイク位置の問題について          
2017年1月号 :「演奏会場のVR化をようやく実現」           ⇒  転載記事
          
残響分離制御ユニットBM-1を試聴して
2016年12月号:「演奏会場のVR化をようやく実現」            ⇒  転載記事
                        仮想現実ホールの実現を目指して25年

その他 の主要投稿記事


 

 

 

 

             **********

 HSS方式は、2+6ch再生方式で、通常の2ch再生に、6ch(前,横、後)の効果音を付加します。効果音 の音源は2ch音源から抽出します。抽出には専用のプロセッサーが必要です。当初はダイナベクター社の スーパーステレオプロセッサー(SSP)を使用していましたが、2016年に穴澤健明氏が開発した残響分離制御ユニットBM-1が 登場し、これにシフトしました。

BM-1に切り換えた後、約2年間の開発期間を経て、2ch音源による3D音場再生手法がついに確立されました。

  ここで開発された3D音場再生手法は、従来のオーディオの常識とは大きく異なる画期的な手法です。二つの大きな要因から成り立っています。
(1)リスナーをぐるりと取り囲むサラウンドの考えから、 ホール前方 の立体空間(=リスナー前方の空間)を再現することに重点をおいたサラウンド方式を採用した (FSサラウンド方式と命名) 。
(2)3組のスピーカーから発する効果音の音量を、耳に聞こえないほどの超微小音量にしたことにより、広大なホール空間が再現できた。

  3D音場下での再生音は極めて自然な響きがします。この響きを耳にすると、3D音場を伴わない音がいかに不自然な響きであったかを思い知らされます。単なる響きの違いに止まらず、音楽が訴えて来る説得力がまるで違います。ハイエンドオーディオ を目指すには3D音場再生が必須であるとの時代が必ずやって来ると思います。

 VRホールの詳細については、 本サイト並びにラジオ技術誌掲載記事(本サイトに転載) にて紹介しています。

 クラシック音楽を愛するオーディオ愛好家の方は、是非ごゆっくりとご観覧ください。

2018年12月15日改定  (2002年4月初稿)

      館長      平本 修


ご意見・ご感想・試聴依頼は下記のメールアドレス宛にお寄せください。

ugg24777@nifty.com

 

[ ホーム ] 3D音場 ] システム構成 ] リスニングルーム ] セッティング ] PCオーディオ ] 立体音像 ] 憩の広場 ]

最終更新日 2019/1/15  (→更新履歴)    

当サイト記載内容の無断転用はご遠慮ください。